ゆで時間たったの1分 非常食にも使える「水漬けパスタ」は、とっても簡単!

grape

2020/4/28 04:30

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の影響で、不要不急の外出を控える毎日が続いています。

ちょうどタイミングも重なって、お子さんにとっても、お母さんにとっても、長い長~い春休み。

つまり…。

※写真はイメージ

お母さんにとっては、「3食のごはんを用意する日々」が続いているということです。可愛い子供のためとはいえ、内心では「トホホ…」と感じる人も少なくないでしょう。

そんな時は、簡単に作れて、非常時の食事にも使える水漬けパスタがオススメ。数年前、ネットや警視庁のTwitterなどで話題になったこともあったようですが、作り方は本当にとっても簡単です。

簡単でしかも非常食にもなる!

作り方は本当に簡単。市販の乾燥したパスタを、ただ水に漬けておくだけです!

市販のパスタだけなら、常備しているご家庭も多いと思います。ちなみに、早ゆでタイプのものでない方がよいそうですよ。

早速「お水をこぼしたら、ちょっと困る…」ということで、タッパーに入れて冷蔵庫に入れておきました。

そのままの長さではキビシイので、パスタは半分にパキッ。

今回は1日漬けましたが、2時間あれば、つけ置き時間も特に決まっていないそうです。中には、3日間くらい漬けておくという方もいるとか。

翌日、水に入れた時にはパキパキとしパスタは、すっかり柔らかくなっています。

色も、黄色から乳白色に変わって、まるで少し太めのそうめんのようです。

翌日のランチに、水気を切って、きっかり1分間ゆでてみました。

今回はシンプルに「たらこ」であえてみました。その味は…。

おおっ!生パスタっぽくて、モチモチっとした食感!!

とにかく、ゆで時間が短いのがいいし、育ち盛りのお子さんに「お代わり!」といわれてもすぐに作れます。

たくさん漬けておいて、使わなければ2日後に…ということもできますよ。

人数が多くて何度かに分けてゆでる場合でも、一度につき1分だけなら手間になりません。これで長い春休みも、安心ですね。

確かに、非常時にガスコンロなどで作っても、時間だけでなく、水やガスも節約できそう。ぜひ、お休み中に試してみてください!


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ