上原さくら、生まれる子の性別明かすも「本人が自分でしっくりくるジェンダーでいい」

22日に現在妊娠中であることを公表したタレントの上原さくら(43)。その後はブログやインスタグラムでマタニティフォトを公開するなど妊娠・出産にまつわる体験や準備する様子を発信しているが、27日には子供の性別を明かして持論を述べている。

27日に自身のインスタグラムでマタニティフォトを公開した上原さくら。22日に夫のブログに掲載されたものとは服装が異なっているので別の日に撮ったものだろうか。大きくなったお腹の下腹部には「Sakura」と桜の花のタトゥーが見えるが、「確か20代の後半かなぁ…。バンドエイド1枚で隠れる大きさだったのに、お腹が大きくなるにつれてビヨーーーーンと伸びてしまって、かなり主張の激しいサイズになっちゃいました。笑」と妊娠したことでタトゥーが大きくなったことを明かし、「ちゃんと戻るのかな…」と写真の上原はそのタトゥーを見詰めて気にしているようだ。

上原さくらは27日のブログによると「日本でも有数の赤ちゃんと妊婦さん専門の病院」に転院したという。「こちらの病院で出産まで診て貰うのは、実際問題とてもお金がかかる」そうだが、「どうしても、赤ちゃんを最先端の医療で、最善の方法で産みたかったのと、出産という人生で1度しかないであろう経験をする時くらい、人生で1番贅沢をしていいだろうという気持ちになったので思い切りました。笑」と本人の希望と、現在43歳で高齢出産になるため両家の親の希望もあったそうだ。出生前の検査もいくつか受けているようだ。

そんなママになる準備を着々と進めている上原さくらだが、同じく27日のブログで「生物学的には女の子です!」とお腹の中の子について報告。「ベビーグッズ購入の為にも、性別を分かり次第教えて頂けるようにお願いしました」という。しかしその性別について、昨年の3月に東海大学を卒業した上原は「私は大学でコミュニケーション学を専攻していたので、性差別、性役割についての価値観は自分なりに持っています。生物学的には女の子として産まれてきますが、赤ちゃんが物心ついたとき、本人が自分でしっくりくるジェンダーでいいと思っています。」と自らの考えを述べた。

すでにベビーベッドや新生児用の肌着や帽子、靴下などを買い揃えたようで、ブログにはミニーマウスが描かれた薄いピンク色のベビー用品が並んでいる。これには「女の子だからピンクよね という偏見ではなく、単純にピンク色が好きという私の趣味ですね」と説明し、「水通しして干したら、小さな靴下が揺れてるだけでもう既に可愛いと思って泣けてしまうほど、脳内は親バカ汁で満たされているようでした。」とすでに生まれてくる我が子への愛情があふれているようだ。

画像は『Sakura Uehara 2020年1月30日付Instagram「去年の8月に超ロングから肩につくくらいのボブにして、」、2020年4月27日付Instagram「お腹の名前はマジカルタトゥーの内山さんがデザインして下さいました。」』『上原さくらオフィシャルブログ 2020年4月27日付「生物学的には女の子です!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ