志村けんさんの急死から1か月「昔なら想像もつかない」弱気な発言続くビートたけしを心配する声多数

4月25日放送の『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)にリモート出演したお笑いタレントのビートたけしが、「ひどく疲労しているようだ」と心配する声がネット上で相次いでいる。先週の放送で3月29日に亡くなった志村けんさんについて「何もこれ(新型コロナウイルス)で逝かなくていいのにって感じだけど」とその死を悼み、自身もかなりの精神的ダメージを受けたことを明かしていたビートたけし。最近は以前よりもさらに外に出ることを止め、人と口をきかないようにして暮らしているという。

番組冒頭、安住紳一郎アナウンサーから「今日で7都府県に緊急事態宣言が出されてから19日目、全国に出されてから9日目ですが、生活はどうですか?」と感想を求められたビートたけしは、「初めは大変でそのうち慣れて、今はダレちゃって、もうどうでもよくなっちゃった」、「ヘタするともう芸能界引退かなって思っている」と鬱を通り越して、やけっぱちになっていると語った。以前ならたけし独特の“毒舌”発言と視聴者は受け取り、本心では無いだろうと軽く受け流す人が多かったかもしれない。しかし4月11日放送の同番組で、お笑い芸人として尊敬していた志村けんさんの急死を受けて「ちょっとねぇ…鬱になっちゃって、ノイローゼになっちゃって」と塞ぎ込んだことをたけしは明かしていたことから、志村さんの死が相当なダメージを与えたことは間違いないのだ。あまりのたけしの落ち込みように、安住アナが「頼りないですけど、私たちもいますので…頼ってください」と声をかけたほどであった。

志村さんが亡くなってから間もなく1か月になるが、たけしから前向きな言葉は聞かれない。新型コロナウイルスによる肺炎で4月23日に亡くなった岡江久美子さんについては「俺は朝早いのはが全然ダメだから、午前中の仕事は断ってきた。だから彼女とは付き合いはないんだけど、63歳で(亡くなるっていうのは)ちょっとなぁ…」と若すぎる死を悔やんだ。そして最近「老人のほうがウイルス排出量が多く、他人に新型コロナウイルスをうつしやすい」という研究結果もあったことから、より家に閉じこもり、他人と対面で話をしないようにしているという。「うつす、うつされる可能性がある病気は本当にツラい。迷惑かけたくないから」と、たけしは日を追うごとにナーバスになっているようであった。

この日の放送に、ネット上では「顔が随分沈んでいました。ご自分でも言われていた通り精神的にも参っているのかなと思いました。やっぱり志村さんが亡くなったことが相当ショックで、引き金だったのではないでしょうか」、「今日のたけしはなんか顔が寂しげだったなぁ。たけしって、結構、繊細な人だと思うので考える時間があり過ぎると悩み倒しちゃうんだろうな」、「ここのところ弱気な発言が目立ちますね。昔のたけしからは想像もつかない」、「たけし! 泣き言、言うな! どんな時も笑いに変えるのが芸人だろって言いたくなるけれど、あのたけしさんが弱音漏らすのが悲しい」と、ビートたけしを心配する声が多数見受けられた。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ