【検証】伸びにくいと豪語する「超ごわ麺」使用のラーメンを鍋で持ち帰り1時間放置した結果



様々な飲食店での持ち帰り対応が人気な中、鍋で出来立てのラーメンを持ち帰る「鍋ラー」を体験してみた。その結果わかったのは、「鍋ラー」スタイルは時間との戦いだということ。温かいまま5分以上も持ち運んでいると、たちまち麺が伸びてしまうのだ。

そんな中、「鍋ラー」スタイルでも時間と戦う必要のないラーメンを発見してしまった。5分や10分どころではない、なんと1時間経っても伸びずに美味しく食べられるラーメンが存在したのだ。ラーメンを容赦なく1時間放置した、奇跡の結果をご覧いただきたい。

・何分経っても美味しい
以前マヨネーズを使った二郎系ラーメン「マヨ郎」をご紹介した、埼玉・川口のラーメン屋『僕との麺』。ラーメンを注文した場合、使用する麺を「つるもち麺」と「超ごわ麺」を選択することが出来たのだが、この「超ごわ麺」が「伸びにくい」と豪語していたのだ。

4月頭からお店の休憩時間を利用しての持ち帰りサービスが始まっており、鍋で持ち帰る場合には伸びにくいからと「超ごわ麺」が推奨されていた。やはり伸びにくさに相当自信があるようだ。しかし、どのぐらい耐えられるのだろうか。1時間ぐらい耐えられたら凄いけども、そこまでは無理か……? これは検証してみるしかない。ということで、鍋を持ってお店に行ってみた。

「ラーメン正油(持ち帰り800円)」を「超ごわ麺」で注文。持ち帰りだと食べ切れるか心配する必要がないため、ヤサイもアブラも肉カスも麺もマシてみた(麺は倍増200円)。持参した鍋はすぐさま厨房へ運ばれていき、以前いただいた別のお店の「鍋ラー」と同じく完全に容器と化した。

持参した鍋が火にかけられることはなく、麺や野菜を茹でるのはお店の鍋。容器化した我が家の鍋をよそに、お店の設備でひたすら通常のラーメンと同様の調理が行われていく。

盛り付けも終わり、完成! こぼれ防止のラップが巻かれているにも関わらず、鍋いっぱいの出来立てラーメンは美味しそうな匂いを振りまいている。これから1時間も放置されるとも知らずに──

出来立てラーメンはもちろん熱々。スープも鍋いっぱいに入っており、麺がしっかりとスープに浸かっている状態だ。これは1時間どころか、30分保たないのでは……? 美味しそうなラーメンを無駄にしてしまうのでは、と不安に思いつつ検証開始だ。

出来立てから10分ごとに試食し、麺の状態を確認する。まずは検証開始時点、出来立て状態での麺を確認してみると、「超ごわ麺」の名にふさわしいゴワッとした食感。表面から芯まで小麦感のある、ゴワゴワとした噛みごたえのやや縮れた太め麺だ。しかし、意外なほどスープがよく絡んで美味しい。

ラーメンが冷めると麺は伸びにくくなるので、試食の時以外はあえて鍋をブランケットで包み保温する。ここから容赦なく、1時間放置するよ。







最初の10分が経過し、2度目の試食。10分ぐらいで伸びることはないだろう、と余裕の気持ちで試食してみた。うん、出来立てと何ら変わりないゴワゴワとした噛み心地だ。ついでに言うと、まだアッツアツ。







20分が経過し、3度目の試食をしてみたが……出来立ての頃と全く変わってない。表面から芯まで全てまるっとゴワゴワ。凄いな「超ごわ麺」。20分間放置したにも関わらず、出来立てと言って提供されても疑うことがないレベルに変化がない。







いい匂いが漂い、空腹感を刺激されながら鍋を抱いて30分が経過。いよいよ伸びていないか不安に思いながら4度目の試食をしてみると……麺の表面が少しプリッとしている! 芯は変わらず固くゴワッとしたままなので「アルデンテ」な食感だ。嬉しい変化だが、これは伸びてしまう前兆なのでは……?







伸びていない美味しい間に食べてあげたかったな、なんて思いつつ検証開始から40分が経過した。さすがの「超ごわ麺」もブヨブヨになってしまっているだろう、と思いながら5度目の試食。嘘だろ……? 前回の試食時と全然変わってない。表面が少しだけプリッとなり、芯は固い「アルデンテ」食感のままだ。ついでに言うと、熱々状態も継続している。凄いなブランケット保温。







どんな変化が起こるのかハラハラしながら迎えた6度目の試食。50分も放置した「超ごわ麺」はどんな変化を遂げたのか──と思ったが、30分経過時の「アルデンテ」な状態から全く変わっていない。表面のプリッとした層が増えて芯がなくなるかと思ったのに、正直全くプリッと層が増えていない。芯のゴワゴワ食感も健在だ。これはもしや、1時間耐え切るのでは?







いよいよ迎えた7度目・最後の試食。1時間経過した「超ごわ麺」は──30分経過時と全く変わらず、「アルデンテ」なままだった。しかも、ブランケットの保温力が優秀すぎて熱々のままだ。無敵か?

何も知らない人にこのまま提供しても、1時間も放置されたラーメンだとは気づかれないだろう。食感からも見た目からも、麺の時間経過による劣化は全く感じられない。

このまま放置し続けて「超ごわ麺」の限界を見てみたい気持ちもあったが、良い匂いの誘惑に耐えられず、完食してしまった。1時間経っても美味しかった~! 奇跡。

・持ち帰りの特権も健在
二郎系ラーメンを持ち帰る特権としては「万一の食べ残しを心配しなくていい」ことが一番大きいだろうが、その他の特権もある。『僕との麺』では持ち帰りの場合、通常価格から50円引きになる。そして何より、残ったスープを使えることだ。筆者は残ったスープにうどんを入れて食べたよ。

麺を茹でてもらわずに持ち帰ることも可能だが、出来立て状態を1時間放置しても美味しく食べられるラーメン。ぜひ熱々のまま、持ち帰ってみては。

・今回訪問した店舗の情報
店名 僕との麺
住所 埼玉県川口市前川3-12-1 ピュア前川 1F
定休日 第一、第三月曜日・28日
営業時間 持ち帰りは定休日を除く月曜~土曜 15:00~17:45 
当面の営業時間は 日曜日 10:00~15:00 / 第二、第四、第五月曜日(裏僕麺)12:00~14:45、18:00~20:00 / 火~土曜日 11:00~14:45 18:00~20:00 / 【通常】日曜日 10:00~15:00 / 第二、第四、第五月曜日(裏僕麺)12:00~14:45、18:00~21:45 / 火~土曜日 11:00~14:45 18:00~21:45
定休日 第一、第三月曜日

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ