◯◯に使っていいよ(◯◯につかっていいよ)

numan


◯◯に使っていいよ(◯◯につかっていいよ)とは、SNSに写真をアップし、他の人たちに‟「〇〇なう」と投稿したい時にこの写真を使っていいよ”と許可を与えること。または許可を与えるハッシュタグ。

意味

SNSに写真をアップし、他の人たちに‟「〇〇なう」と投稿したい時にこの写真を使っていいよ”と許可を与えること。または許可を与えるハッシュタグ。
‟なりきり写真”として、特にTwitterで流行っている。

アイドルやあの声優がきっかけで流行!

もともと女性アイドルがファンにデート気分を味わってもらおうと、自分の写真を「デートなう。に使っていいよ」と投稿したのが始まりとされている。
この写真ではファンが撮影者=彼氏という体(てい)で、アイドルは撮影者に向かって語りかけたり、撮影者と手を繋いで振り返ったりしているようなポーズをする。2017年、それを真似て声優の山寺宏一氏が、Twitterでデート中っぽくこちらを振り向いた写真を「彼氏とデートなう。に使っていいよ。」と投稿。一気に拡散された。

さらに女優の橋本環奈氏が「彼女とデートなう。 に使っていいよ」と微笑んだ写真を投稿。
公式に許可された写真を使ってあこがれの相手とデート気分の投稿ができる、として「デートなう。に使っていいよ」はネットで爆発的に流行した。

声優やヒーローにも流行

それからデート以外にも、芸能人や一般人が「猫とタンスの上なう。に使っていいよ」「出陣なう。に使っていいよ」などさまざまなシチュエーションで写真を投稿。
声優の関智一氏が「彼氏と野球拳なう。に使っていいよ」とおふざけ写真を投稿したり、秋田県のご当地ヒーロー・超神ネイガーが「彼氏と田植えなう。に使っていいよ」と投稿して情報番組『ZIP!』で紹介されたりもした。実写以外に女性向けゲーム界隈では、デートを思わせるシチュエーションのイラストが「彼氏とデートなう。使っていいよ」として配信されることも。
みんな、あくまでネタツイートとして楽しんでいるようである。

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ