アンミカTwitterに「自分の国に帰ったら」大量の差別リプライが殺到

wezzy


 モデル・タレントのアンミカが4月17日にTwitterを始めた。しかし開始早々、彼女に対し韓国で生まれたルーツを背景とした差別的なリプライが殺到する事態となっている。

<Twitter、始めました。宜しくお願いします。#アンミカ>というツイートには、次のような罵詈雑言が投げつけられている。

<Twitter始めましたじゃねえよ、自国に帰れクズ>
<母国にお帰り下さい。日本の国益を損ないます>
<国外退去してください。二度とお会いできないことを楽しみにしております>
<他国の内政に偉そうな物言いをしてますが、まずは不法入国についての説明からお願いします>
<日本は世界の恥だと思うなら自分の国に帰ったらどうですか?>
<多くの日本人は貴方の事を好きではありません 自粛してください>
<頼むから反日活動止めて下さい。日本人は日本の事が好きな外国人は受け入れますが、反日外国人は許せません。なぜかコリアルーツに多いのです>

これ以外にも、彼女のツイートには、ネトウヨ系ニュースサイトやまとめサイトで出回っている話を絡めた排外主義的なリプライが並んでいる。

Twitter運営は「暴言や脅迫、差別的言動に対するTwitterポリシー」を開示しており、<人種、民族、出身地、社会的地位、性的指向、性別、性同一性、信仰している宗教、年齢、障碍、深刻な疾患を理由とした他者への暴力行為、直接的な攻撃行為、脅迫行為を助長する投稿を禁じます>と、はっきり明記。ヘイト行為に対するポリシーに違反する行為を見つけた際はTwitter社に報告するよう推奨している。

これを受けて現在、一部のユーザーが協力し合い、レイシストのアカウントをTwitter側に報告する動きも始まっている。前述のガイドラインでTwitterは、違反者に対するコンテンツ削除要請や、アカウントの永久凍結などの措置を行う場合もあるとしている。早急に動くべきだろう。

レイシストたちのリプライは当然アンミカも目にしているだろうが、アンミカの反応はない。それで良いのだろう。正面からレスバトルなどしても消耗するだけであり、また芸能人である彼女の投稿は逐一ネットニュースになり、改変されデマとして残り続けるリスクもある。

4月21日、アンミカは薄い赤色のバラの写真とともにこんな言葉をツイートしている。

<とても美人さんな薔薇を見つけてお家にバラキラキラキラキラ。
植物は見返りを求めず、人の力になってくれる、とても尊い存在。植物は野菜になり、血はアロマになり、乾燥して漢方になり人を支えてくれる。
花は邪気を払いキラキラ気を浄めてくれるので、感謝して花を飾ろう。#ポジティブ>

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ