長州力がTwitter公式マークを辞退、その理由に「無欲な長州さん!益々カッコいい」の声

元プロレスラーの長州力が4月22日、自身のTwitterアカウントに付いた青いチェック(認証バッジ)に気づき「消せないので消してくれる? 頼みますよ!!」と呼びかけて「公式マークを消したい人を初めてみた」とフォロワーをざわつかせた。さらに次の投稿では「あれは公式のマークだそうですね」と分かったうえで、「つけてもらって本当に有り難いと思ったんですが、、、これ外してもらえないですかね?」と主張し続けており、その理由が「長州さんらしい」と反響を呼んでいる。

昨年6月26日に後楽園ホールで開催された『POWER HALL2019』で越中詩郎、石井智宏とタッグを組み藤波辰爾、武藤敬司、真壁刀義チームと引退試合を行った長州力。2019年12月から長州力Twitterアカウントを運用しており、「ツイートは本人、情報の告知などはスタッフがつぶやきます」というスタンスで投稿を続けている。

長州力はツイートの仕方に慣れず苦戦するなか、2020年3月12日に「少しづつですが親切な人達に教えてもらいながらTwitterの機能を勉強してます まずはハッシュドタグ 井長州力」とつぶやいたところ、河本準一(次長課長)から「力さん#ではなく井こちらをお使いなんですね。相方にも報告します」といじられていた。

すると4月1日に『KAMINOGE』(かみのげ/玄文社)編集部が「長州さんの事務所に、Twitter社の広報からこんなクッションが届けられたそうです」とツイート。投稿された画像を見ると、クッションには「井長州力」を用いた長州のツイートがデザインされているではないか。

そんな長州力は3月17日に「Twitterで初めて広告のお仕事をいただきました」と、最高の笑顔で「メンズ用フェイシャルペーパー」を手にする姿を披露していた。

少しずつTwitterに馴染んで愛着も出てきたはずなのに、22日にはTwitter社による公式マーク(認証バッジ)を「つけてもらって本当に有り難いと思ったんですが、、、これ外してもらえないですかね? わがままを言って本当に申し訳ありません、自分はあまりこういうものに縛られたく無いんです、とても気になります!」というのだ。

フォロワーからは「長州さん!! これってベルトみたいなものですよ 皆が欲しがるのに! 無欲な長州さん!! 益々カッコいい」、「公式マークは『サソリ固め』に似ているからw」、「さすが革命戦士! みんなが欲しがる公式マークを外せだなんて 改めて惚れてまうやろ」などの反響があった。

そんななか多くから寄せられた「偽物防止のためです。つけておいてください」、「長州小力、専修力、長州非力、吉田豪らと区別するための記号です。慣れてください!」、「勲章ですし、チャンピオンベルトと同じです。ツイッターで影響力があり偽物の存在を許さないという『力』なので、是非そのままでお願いします」といった声はきっと長州力に届くことだろう。

画像は『長州力 2020年4月19日付Twitter「晴天なのに、我慢なのか?」、2020年4月17日付Twitter「ちょっと気晴らしに。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ