Self Isolation Issue: 「仕事の面ではオンラインでのライヴ体験の方法を構築中です。あとは家にあるもので何か作るのがおすすめ。作れるものはたくさんあるし、今こそDIYになる時。いつもとは全く違う素材を使って何かを作ってみてください」Interview with Janpier Brands and Rae Parnell from initiative WORM Pirate Bay

NeoL



フィジカルには距離を置かねばならない現状に際し、アイデアや情報のシェアでポジティヴに自宅での時間に向き合うための「Self Isolation」特集。ロッテルダムで開かれていたワイルドなパーティ「WORM」。この事態に直面しても、WORMは迅速に適応し、楽しみを供給しようとしている。ロッテルダムの状況が悪化するのを見て、zineを配布するなどコミュニティの幸せを確保するために最大限に時間を活用。WORMはこれまでのアーカイブをオンラインで公開し、彼らのパーティーを観る人それぞれの寝室でも続行できるようにした。COVID-19により博物館、文化施設などが閉鎖され、すべてのイベントが延期されるなど、これまでの流儀は変えざるを得ないが、彼らはパーティーを存続させ続けているのだ。(→ in English)

ーー新型コロナウィルス感染症(COVID-19)で生活、クリエイティヴ、ビジネス、それぞれの面でどのような影響が出ていますか。

Janpier : 私たちは物理的な空間での活動全てをストップしました。幾つものイベントをリスケジュールし、ほとんどのものは夏以降に行われることになっています。今現在で、6月1日まで活動は行わない予定です。ほとんどのWORMスタッフは自宅で仕事をし、一部は考えることに時間を費やしている状態ですね。彼らは「ソーシャル・ディスタンシング」を守って生活しています。今日は、電話、skype、Zoomを除いて、2週間誰とも直接話していないという人と話したんですよ。彼は友人らのためにDJするのが好きで、今はFacebookを介してDJを試みていますが、Facebookは著作権の問題ですぐに音楽をミュートしてしまう。彼のような人はソーシャル・ディスタンシングが続く未来を想像し、ウイルスがその想像をさらに膨らませるため、結果としてイベントのキャンセルが続くというわけです。ともかく、私たちが知っているほとんどの人は家にいて、散歩をし、オンラインでコミュニケーションをとっています。

Rae:2018年にThe Pirate Bay Archive(スウェーデンのインデックスサイト)での作業を始めたときは、アーカイブのためと、WORMを中心としたより優れたコミュニティを築く方法として、イベントを行うことに専念してきました。今は直接会うことはできませんが、これにより、以前よりも深くアーカイブにアクセスできます。私たちが築いてきたものや持っているものについて真剣に調べ直し、人々がアクセスしやすくするための新しい戦略を見つけることができると思っています。

ーーこの側面で新たに気づいたこと、心がけたいことがあれば教えてください。

Janpier : いくつかの心配事がありますね。1つは、このウイルスは社会の瀬戸際にいる人々を犠牲にしていること。住所などが未登録の人々、何らかの持病がある人、低賃金の人ーーこの戦いに対処する術がほとんどない人々です。2つ目は、このウイルスが、互いの存在を楽しんだり、ライヴ音楽を楽しんだり、一緒に踊ったり、たくさんの人たちと騒ぐ興奮といったパブリックな場でのみんなの行動に永く影響を及ぼすのではないかということ。一方、クリエイターへの政府の補償金や航空交通の停止、高速道路の規制など、議論の余地があるとされていた多くのことが実現できてもいます。何よりWORMの日常の動きが恋しいです。休みなく動きまわり、人々がフロアにいて、同僚と計画を立て、それらをすぐに実行する、そういう日常が恋しいですね。

Rae:The Pirate Bayについては、私たちの活動のスピードを保つことはできていません。多くの人がイベントやパーティーを迅速に解消せざるをえない状況だったと思います。

ーーロックダウンへの精神的、物理的対応があればお聞かせください。

Janpier: 最初の1週間はピリピリしていました。お金を稼げなくなってみんなを失業させてしまうかもしれないと心配していたんですが、今はその恐怖は消え失せましたね。私たちは同じボートに乗っていて、今何ができるのかを見極め、この騒動の後にどういう風にやっていきたいのかを真剣に考えています。

Rae: 私は同僚達と違う街に住んでいて、しかも一人暮らしなので完璧に孤立してしまうんですが、何か別の新しい方法でみんなと繋がろうとしています。上着を着て、フレッシュな空気を入れるために窓を開け放して仕事をしていると、やっぱり寂しく感じることはありますね。



ーーご自身の活動を鑑みて、室内でどのような創作が可能だと思いますか。

Janpier: 原則として、3名以上で集まることはせず、かつ1.5メートルの感覚をとるようにしています。さらに、パブリックスペースをを移動するのは最小限に。そのルールといくつかの共通認識があれば、たとえば、ワークショップの1つで活動したり、放送を録音したり、または生でやることなどが可能だと思います。また、私たちのスペースは、自宅を避けたい従業員のための避難所として使用されてもいます。

Rae: 今は実験的で、探究心を持って、もっと奇妙なことをやるのに最適な時期。The WORM Pirate Bayには、個人が集まってzineを作成するzineクラブがあります。家で、そこにあるもので何かできることをするのがいいです。必要なのは紙とペンだけ。作れるものはたくさんありますよ。今こそDIYになる時代だと思います。いつもとは全く違う素材を使って何かを作ってみてください。そしたら喜び、好奇心、幸せを感じることができるはず。 そしておそらく、この期間で最も重要なことは、休むこと、自身を省みることです。何もなかったかのように働きたくなる衝動に抗うことが重要。だって今は何もなかった、なんてことはないのですから。休んで、本を読んで、日記を書いて、ゆっくりと、そしてただ楽しんでください。

ーーオンラインの活用方法や1人でもできる施策など、良いアイデアがあればシェアをお願いできますでしょうか。

Janpier: 私たちのオンライン活動では、近いところでいうと参加している人たちとお互いに「ライヴ体験」をできるよう模索しているところです。つまり、モノローグや“一方的に見るべきもの”ではなく、見て、反応し、作り、共有すること。長期的なアイデアとしても、これは私たちのプログラムを補完することができるものになるでしょう。私たちのプログラムパートナーの1人であるTess Martinは、こう言っています。「これから多くのイベントがオンラインになるだろう(長期的な見込みにおいて。「通常」の状態に戻ったあとに直接的な体験にするか、オンラインにするかはその人次第として)。その場合、WORMがストリーミングでうまく機能するようになるのはいいこと。WORMが私がやっているような大きくないけど面白いイベントをサポートするように、オンラインでも会場や広告などを提供するとことができる。そのプロフェッショナルなストリームをオンライン上で構築できるように、プログラマーがサポートするよ、と。

Rae: The WORM Pirate Bayは、私たちの活動やポストによって個別にセレクトされたメールなどが届くようなデジタルプラットフォームからは距離を置いていたんです。オンラインには良いこともたくさんありますが、時には手紙を待つのも良いものですから。今はInstagramのライヴ配信とチャレンジリレーばかりが溢れてますが、デジタルの世界の外のつながりを探してみよう、と言いたいです。もちろん、オンラインで作業するのに良い機会であることは確かです。たとえば、私たちのPRチームは「WORMworld」という信じられないほど素晴らしいオンラインプラットフォームを作ったので、WORMの環境はより良いものになっています。これは、WORMをデジタル空間に適応させたものです。すべてのイベントをオンラインで移動することができるだけじゃなく、WORMだけの完全に新しいデジタルスペースを作れたのは最高ですよね。 hotglue.meをチェックして、自分だけの面白いデジタルアートの世界を作ってみてください。


ーー新たにチャレンジしてみたいことはありますか。Janpier: 課題は、これらのオンライン活動を準備し、それらを調整して形にしていくことですね。Rae: 時間を使って人と個人的につながって、アーカイブにあるようなリアルの場への興味も再燃させていってます。ーー事態が好転し、COVID-19が収束したらしたら何をしたいですか。Janpier: 状況が良くなったら、またみんなと集まって、気軽に話し、食べ、飲みたい。そしてプログラムを立て直し、私たちが得意とすること、つまり何かを見せたい人をサポートして観客を集めたいと考えています。将来的には、これにオンライン環境が追加されると思います。Rae : 一緒にフィジナルな空間に戻り、アーティストがこの期間中に作っていた作品をサポートする方法を見つけたい。一緒にパーティーして、笑って、お互いをハグしてください。でもこれまでより少しペースを落としてもいいんじゃないかなと思っています。ーー政府の施策は満足できるものだと思いますか。もしNOであればどのようなことを提案したいですか。Janpier: 政府は、この状況が社会的弱者と呼ばれる人たちに及ぼす影響に対して目が行き届いてないと思います。もっとそういう人たちに向けた施策を行うべきではないでしょうか。財政支援、借金のキャンセル、ベーシックインカム、健康的で手頃な価格の食品、そしてストレスを軽減するための対策が必要だと思います。 WORMThe WORM Open City is a collage of communities, artistic interests and passions.https://worm.org/spaces/worm-pirate-bay/https://wormworld.hotglue.me/


WORM The WORM Open City is a collage of communities, artistic interests and passions. https://worm.org/spaces/worm-pirate-bay/https://wormworld.hotglue.me/

Even in the most uncertain times, WORM never fails to deliver and adapt. Recently, providing zines for care packages as situations worsen for the citizens of Rotterdam, they are making the most out of these times to ensure the wellbeing of all pirates. COVID-19 has changed the game as museums, cultural institutions and initiatives have been shut down and all events that include mass crowds have been postponed. On a lighter note, the venue has changed but the party lives on because WORM has now opened up their archive for browsing to keep the weird party going even in our bedrooms.--How has the spread of coronavirus affected the initiative’s lifestyle and creative activities?Janpier: We have stopped all our public activities in the physical space. We have moved dozens of events to a new date. Most activities will take place after the summer. We currently assume that our physical activities will not occur until June 1. Most WORM employees work from home, some of them use the time for reflection, others just want to develop and test alternative ways of presenting art and alternative ways of being together.I notice that they observe the measures in the field of "social distancing". Today I spoke to someone who hasn't spoken to anyone in two weeks, except via phone / skype / zoom. He likes to DJ for friends, he now tries that via Facebook, but Facebook immediately mutes his music because of copyright. He sees a future where the physical distance between people still continues, and there are regular cancellations of events because a virus rears its head. Most of the people I know from our organization are at home, take a stroll now and then and meet each other online.Rae: When I began working with the Pirate Bay Archive in 2018, I was became focused on creating events as a way to build a community around the archive and greater WORM. Obviously now, we cannot meet in person. But this allows me to go more in depth to the archive than I was able to previously. It allows me to do some serious research about what we have, and find new strategies to make it more accessible to the public. --Please share your thoughts and realizations about the current situation and anything in particular you have become aware of that has changed you or the initiative in any way. Janpier: I am concerned about a few things.
 One, that this virus is at the expense of people who are on the margins of society: unregistered people, status holders, the low-skilled, people who have few opportunities to deal with conflicts.
 Two, that this virus has a lasting impact on public life, enjoying each other's presence, enjoying live music, dancing together, the excitement of a crowd.
 On the other hand, I see that a number of things that were previously open to discussion - a basic income for creative entrepreneurs, the suspension of air traffic and empty highways - now seem to be possible.
I miss the daily dynamics of WORM, the unrest, people on the floor, making plans with colleagues and implementing them immediately.Rae: For the Pirate Bay, I realized that our working pace was unsustainable. I think that the situation forced many of us to reflect on quickly we put out events or parties. --As a person in your position or a creator, how has the lockdown affected your mental and physical well being? Janpier: The first week I was very tense, because I was afraid that we would not make it financially and that people could lose their jobs. That fear has now disappeared. We are all in the same boat. Instead, I now try to look at what is possible and how we want to shape our activities in the post-corona period.Rae: It’s been quite difficult. I live in a different city than my colleagues, and live alone. This can be extremely isolating. But I’ve been discovering new ways to reconnect with people. I work with the windows open, even if this means I’m sitting in a coat- just to get some fresh air. It makes my space feel much bigger than it is.

--In light of your own activities, what kind of ‘creation’ or artistic endeavors are possible indoors?Janpier: As a rule, you may not be with more than three people and there is 1.5 meters between the people. Furthermore, you should limit yourself as much as possible in moving yourself in public space. With that rule and some common sense, something is still possible, for example being active in one of our workshops or recording or performing broadcasts. I also notice that our space is used by employees as an escape room to avoid having to be at home.Rae: Now is the perfect time to be experimental, to explore, and to get weird. The WORM Pirate Bay has a zine club, where individuals come together to create zines. This is something that you can do at home, and with materials that you have around you. All you need is some paper, and pens…. There’s plenty you can create. I think now is the time to become as DIY as possible. Try to create something you usually do with completely different materials. Just do things that bring you joy, curiosity, or pleasure. And perhaps the most important thing that you can do during this time is to rest, and reflect. I think it’s important to resist the urge to work like everything is ‘just like it was,’ because it’s not. Rest, read a book, journal, be slow, and take moments to just enjoy yourself. --Please share any recommendations or ideas on how to use digital platforms to their full extent during the circumstances regarding COVID-19 or any measures that one can take themselves to use this opportunity for better and not for worse.Janpier: In our online activities we are looking for a "live experience" with interaction between the participants in the activity in the short term. So no monologues or "things to look at", but looking, reacting, making, sharing. In the long term, this can complement our program. As Tess Martin, one of our program partners, said: if a lot of events are going to be going online from now on (either for long periods, or also online as well as in person after things go back to 'normal'), then it might be good for WORM to get good at streaming. In the same way that WORM supports grass root events like mine, by providing a venue, advertising, etc, it could support these programmers in getting professional streams online.Rae: The WORM Pirate Bay is actually moving away from digital platform by sending personalized selections from our archive by post. We’re doing this because there are so many things online, and sometimes it feels good to wait for something to arrive to you in the mail. I would say look for connections outside of the digital world-- the world is saturated with instagram lives and challenges at the moment!You can of course, use this as an opportunity to bring your work online! For example, in the greater WORM environment, our PR team has created an incredible online platform called ‘WORMworld.’ This is an adaptation of WORM for the digital space. What I like about it is that it’s not just moving all events online, but has instead created a completely new digital space that WORM can occupy. So check out hotglue.me to create your own digital artistic world if it’s something that is of interest to you.

--During this time is there anything you or the initiative would like to challenge yourself with?Janpier: Our challenge is to set up these on-line activities and to have some form of coordination about them.Rae: I’m using the time to make personal connections with people, and to reignite a public interest in the archive. --After situations concerning COVID-19 improves, what would you like to do?Janpier: When the situation gets better, I would like to get together with everyone again to be informal, talk, eat and drink. We want to pick up our program and do what we are good at: supporting people who want to show something and bring an audience together. In the future, an online environment will be added to this, I suspect.Rae: Come back together in a physical space, finding ways to support the work that the artists were creating during this time period. Party together, laugh together, hug each other. But I hope that we also retain a bit of a slower pace. --Do you agree with the measures taken by the government in your own country? If not, what other measures would you recommend taking? Janpier: I think that the government is paying too little attention to the consequences of this situation for the unprotected in our society. I believe that the government speaks too little and too little in support of these unprotected people. There should be measures for financial support, debt cancellation, basic income, healthy and affordable food and measures to reduce stress.

WORM The WORM Open City is a collage of communities, artistic interests and passions. https://worm.org/spaces/worm-pirate-bay/https://wormworld.hotglue.me/

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ