【絶品テイクアウト飯】孤独のグルメで絶賛された「食堂とだか」が激ウマ持ち帰り料理を販売 / 牛ご飯



人気ドラマ「孤独のグルメ」の舞台となっただけでなく、訪れる客の多くが「旨すぎる」「お得すぎる」と大絶賛。気が付けば予約がとれにくい店として知られるようになった「食堂とだか」(東京都品川区西五反田1-9-3 リバーライトビルB1F)。店内で食べても絶品だが、実は持ち帰りメニューも大好評なのである。

・事前にテイクアウトメニュー予約

「食堂とだか」はお店の公式Facebookなどでテイクアウトメニューの予約を受け付け、決められた時間に受け取りに行くという方法をとっている。日によってメニューが変化することもあるので、多くの人たちがインターネットでメニューをチェックし、「今日はどんな料理を持ち帰りにできるんだろう」と楽しみにしているようだ。

todaka-take-out8
todaka-take-out7
todaka-take-out9
todaka-take-out6

・弁当が予約段階で完売

気になるテイクアウトメニューだが、2020年4月21日は牛ご飯(1200円)、通常弁当(2000円)、コース弁当(5000円)が用意されていた。ほかにも予約なしで持ち帰りできる甘納豆チーズ(900円)、とだカレー(1000円)、田中農場さんの新鮮卵(600円)などがあった。通常弁当は超豪華な内容ながら2000円と低額であるため、100個も用意していたのに予約段階で完売してしまったようである。

・牛ご飯をテイクアウト

今回は牛ご飯をテイクアウトして食べてみた。しっかりとサシが入った高級牛肉が大きくカットされ、ご飯の上にドッサリと盛られている。山葵のアクセントを牛肉とともに楽しみつつ、ライスと一緒にガツガツと豪快に食べたい。

todaka-take-out2
todaka-take-out3
todaka-take-out5
todaka-take-out4
todaka-take-out1

・さらなるウマさへと昇華

なにより感動的なのは、牛肉の品質が高いだけでなく、ギュギュッと旨味と甘味が濃縮されたタレが染み込んでいる点。ただでさえウマい牛肉を、さらなるウマさへと昇華させているのである。

また、この牛肉がライスにバッチリ合うのだ。ライスを盛り上げのための牛肉なのか、それとも牛肉を盛り上げるためのライスなのか? 答えはおそらくどっちも正解。臨時営業やテイクアウトの時間帯は、通常営業時間と異なる場合があるので必ず確認してくださいね。

<テイクアウトメニューの一例>
牛ご飯 1200円
通常弁当 2000円
コース弁当 5000円
甘納豆チーズ 900円
いぶりがっこのポテサラ 700円
とだカレー 1000円
田中農場さんの新鮮卵 600円





もっと詳しく読む: 孤独のグルメで絶賛された「食堂とだか」が激ウマ持ち帰り料理を販売 / 牛ご飯(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2020/04/21/gotanda-todaka-take-out/

食堂とだか
住所: 東京都品川区西五反田1-9-3 リバーライトビル B1F
時間: 18:00~24:00(通常営業時 / 要確認)
休日: 日曜日(要確認)
注意: 臨時休業や営業時間短縮など常に変更になることがありますのでご確認ください


当記事は東京メインディッシュの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ