武漢で新型コロナの取材を続けた市民記者3名、2月から行方分からず(中国)

新型コロナウイルスの発生源とされる中国湖北省武漢市内で取材を続けていた3人の市民ジャーナリストが、2月から行方不明になっている。音信が途絶えているのは陳秋實さん(34)、方斌さん、李澤華さん(25)の3名で、武漢市内の様子をSNSやYouTubeで発信していた。『ラジオ・フリー・アジア(RFA)』『Metro』などが伝えた。

新型コロナウイルスの感染拡大で封鎖されていた武漢市の市場や病院、火葬場、そしてウイルス研究所などに足を運び、深刻な市内の様子をリポートしていた3人の市民ジャーナリストが2月から行方不明になっている。

武漢市民でもある方斌さんは2月1日、市内の病院の様子を撮影し、遺体を詰んだ袋が葬儀場に運ばれる様子などをレポートしていた。方さんはその日のうちに当局に拘束されたが、自身が拘束される様子を撮影してSNSで発信し、その日深夜には解放された。しかし2月9日、「国民よ、反抗せよ。政府よ、権力を人民に返せ」と短い動画を投稿したのを最後に連絡が取れなくなった。

2人目は人権問題を専門に扱う弁護士でもあった陳秋實さんで、武漢市が封鎖される前の1月24日に現地入りし、市内や病院の様子を動画に収めてはYouTubeに投稿してきた。1月30日の動画では「問題は山積みなんだ。私は真実しか伝えない…。ウイルスが自分の目の前に、中国当局が後ろにいるわけだから、怖いよ。でも武漢で生きている限り取材を続けるよ。私は死ぬことは怖くない。中国共産党、私があなたたちを怖がっているとでも思ってるのかい?」と発言し、2月6日午後7時以降は音信不通となっていた。陳氏の両親は「これから隔離のため病院へ行く」と連絡を受けたことを明かしているが、それ以後行方は分かっていない。

3人目の李澤華さんは、中国中央電視台(CCTV)に勤め、個人で武漢入りして市内の様子を伝えていた。李さんは火葬場を訪れるなど精力的な活動を続けていたが、2月26日に新型コロナウイルスの発生源との噂もある「武漢ウイルス研究所(P4ラボ)」を訪れ、その日の夜から行方がわかっていない。李さんは研究所を訪れた後の車の中で「今、追われている。助けてくれ」とSNSを通して訴えていた。そしてその夜に4時間にわたって動画配信を行っていたが、マスクをした数人が部屋に侵入する姿が捉えられた直後、画面が真っ黒に変わり音信が途絶えた。

3人の失踪を受け、米共和党のジム・バンクス下院議員は3月31日、国務省に書簡を送り、国会にこの件に検しての調査を求めているが、大きな進展はない。武漢では2か月半にわたった封鎖が解除され、人々は徐々に日常を取り戻しているが、いったい3人はどこに消えたのか。家族や友人は3人の安全を祈り、帰宅する日を待っている。

画像は『Metro 2020年4月16日付「Three coronavirus whistleblowers still missing after two months」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ