ディズニーパークスのドローイングクラス動画を見てお絵描き。ディズニーキャラクターに挑戦してみよう

ウレぴあ総研

ネットにアップされる「絵師」さんのイラストを見て、自分には描けないと諦めたことはありませんか?

でも、コツを教えてもらえば、自分でも描けるかもしれません。

ディズニーパークス(DisneyParks)公式YouTubeの「How-to drow」を見ながらお絵描きに挑戦してみましょう。

■自分で描けたら、とても嬉しい

ディズニーパークス(DisneyParks)の公式YouTubeでは、たくさんのディズニーキャラクターの描き方動画が公開中。

説明は英語ですが、ポイントを丁寧に示しながら進むので、聞き取れなくてもなんとなくわかると思います。

ミッキー、ミニーをはじめ、プルート、ドナルド、デイジー、グーフィーといったおなじみキャラクターから、プリンセスと魔法のキスのレイ、などマニアックなものまで、様々なキャラクターが勢ぞろい。

新しいものも随時追加されています。

スティッチ、ティンカーベル、ジャックスケリントン、オラフ、などは比較的難易度低め。

ベイマックスは、顔だけだと簡単なので全身です。

エルサ、ラプンツェル、ヒロ、ジーニー、フリンなど、少し難しめのものも挑戦してみるのも楽しいかも。

東京ディズニーランドで挑戦した人もいるかも?

かつて、東京ディズニーランドにあった施設「ディズニーギャラリー」でも、ドローイングクラスが開催されていました。

2005年から2016年9月にクローズするまで、習うことができたイラストは20種類以上。

これは、その頃に小学校6年生が描いたものですが、上手にスティッチが出来上がってますね!

■「アナと雪の女王」の「アナ」を描いてみました。

好きなキャラクターだけど、とてもかけそうにない「アナ」を選んでみました。

見ながらなら、こんなに難しいのもかけるのかしら?

動画は21分32秒。

一度も停止せず、消しゴムなしで、こんな出来栄えでした。

少しゆがんでしまった。

でも、「ちょっとおかしなこと言ってもいい?」「上出来だ!」

■動画ならではの良い点

アメリカ・アナハイムにあるディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークの「アニメーション・アカデミー」でもドローイングクラスを体験することができ、私は「ドナルドダック」を書いたことがあります。

こちらはもっとスピードが速く、どんどん進んでしまうので大変でした。

しかし

  • 動画なら、何度も繰り返し見たり、一時停止や戻ることもできる。
  • かつてパークで体験した、この「アトラクション」を楽しめる感覚になれる。
  • コピーすれば塗り絵にもなる。
お子さんと一緒に、色をつけてみるのも楽しいかもしれませんね。

ディズニーキャラクターの描き方動画は、ディズニーパークス(DisneyParks)YouTubeの他、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ(Walt Disney Animation Studios)やディズニー・プリンセス(Disney Princess)、DisneyD23といったディズニー公式YouTubeでも配信中。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ