元AKB48 平田梨奈、片想いに涙「思い出をありがとう」

Entame Plex



テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は11日、恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』の最終話となる#12を、1時間SPにて放送した。

本番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショー。全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取るために、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。今回は、男性3名、女性3名という構成からスタートし、第1話から第12話の間に新たなメンバーが追加となる新ルールが設定され、井上佑(以下、たすく/24歳)、千綿勇平(以下、チワ/28歳)、南北斗(以下、ほくと/21歳)、木村葉月(以下、はづき/19歳)、日比美思(以下、みこと/21歳)、若菜(以下、わかな/26歳)らの6名に、第2話からは新メンバー・平田梨奈(以下、ひらりー/21歳)、そして、第4話では根岸拓哉(以下、タクヤ/23歳)が新たに加入しました。また、今シーズンでは、物語の初めから終わりまで、1人の俳優が主演を務める通常のドラマとは違い、主役の「神谷大樹」役と「神谷恵子」役を、若手俳優8名の中から、各話ごとのオーディションで選ばれたペアが演じていくという前代未聞の“主演が毎回変わる連続ドラマ”、『BANG BAN LOVE』に初挑戦した。

この日の放送では、いよいよ最終告白の時を迎え、わかながタクヤを指名し、見事告白成立。テーブル越しにわかなの腕を引っ張り、男らしいキスをしたタクヤに、スタジオメンバーは「うわぁー!」「キャー!」と絶叫。渡辺直美は「今のかっこいいー!」と絶賛し、あ~ちゃん(Perfume)は「絵になりすぎる!」と、わかなとタクヤの“本気のキス”を称えた。

次に、ひらりーが男子メンバーの元へやって来ますが、「好きという気持ちがそんなに出てこなかったので、今日は告白できないなって思いました。本当にみなさん、思い出をありがとうございました」と告白を辞退。続くみことは、たすくにこれまでの心境や“好き”な気持ちを告白したが、その想いは届かず。

そして、最後にはづきが、第一印象から一途に想いを寄せていたたすくを指名し告白。はづきの告白に対し、無言のままキスを交わすと「俺は一生お前と一緒におる」と宣言したたすくに、スタジオメンバーが「いきなり(キス)!?」「すげぇ!」と大興奮。さらに、キッチンカーに“壁ドン”状態でキスをするたすくに、渡辺は「たすく大爆発~みたいな。好き過ぎるんだろうね!トラックにバァ~ン!チュ~!みたいな」とたすくの熱い想いと行動を解説しました。また、番組の最後には、本番組恒例となった演技指導・澤田育子先生からの手紙が…。それぞれのメンバーに宛てた澤田先生からの愛ある言葉に涙を浮かべる8人と、「最高!」と拍手を贈るMCメンバーたち。そして、一方スタジオでは、『ドラ恋』新シーズンの放送が決定したことが明らかに。



「いえーい!」「やったー!」と沸き立つMC陣は、2020年秋からスタート予定の新シーズンに早速「早く見たい~」と期待を込めました。

(C)ABEMA

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ