『攻殻機動隊 SAC_2045』イリヤ・クブシノブのキャラアート14点解禁 新キャラの姿も

クランクイン!

 4月23日より全世界独占配信されるNetflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』より、本作のキャラクターデザインを手掛けるイリヤ・クブシノブによる14点のキャラクターアートが解禁。初登場となる新キャラクターもお披露目された。

『攻殻機動隊』シリーズ最新作となる本作は、驚異的な知能と身体能力を持つ“ポスト・ヒューマン”と呼ばれる存在をめぐって2045年に再び組織された攻殻機動隊の物語が、シリーズ初のフル3DCGアニメーションで描かれる。

『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの神山健治と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志の共同監督のもと、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズのオリジナルキャストが集結。制作はProduction I.G × SOLA DIGITAL ARTSが担当する。

本作のキャラクターデザインを手掛けるのは、ツイッターフォロワー数38万人、インスタグラムフォロワー数178万を超える気鋭のロシア出身イラストレーター、イリヤ・クブシノブ。

「日本のアニメを好きになったのは、6歳の頃に見た押井守監督の『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』がきっかけです。こういう素敵な作品を作りたい!、という思いから、日本で活動することを決めました」と明かすイリヤは、最新作のキャラクターデザインに抜てきされた心境を「私にとって大切な作品の新シリーズ版に参加させていただいて、本当に光栄です。素子たちのデザインは、私の中にある『攻殻機動隊』への恋と尊敬の気持ちを込めて描いています」と、並々ならぬ想いであることを語った。

そんなイリヤが手掛けた、草薙素子、バトー、トグサらお馴染みの面々や、江崎プリン、スタンダード、ジョン・スミス、久利須・大友・帝都など新キャラも含めた14点のスペシャルキャラクターアートが公開。中には見知らぬ少年の姿も。果たして彼は敵なのか、味方なのか。本作の鍵を握るキャラクターであることは間違いない。

Netflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』は、4月23日より全世界独占配信。(中国本土を除く)。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ