佐藤健が上白石萌音に“マジギレ”!? 生配信中に…「怖い」「かわいそう」

まいじつ

佐藤健 
(C)まいじつ 

4月14日、女優の上白石萌音と俳優の佐藤健のダブル主演ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)のスペシャルダイジェストが放送され、ドラマ出演者たちがYouTubeにて〝生視聴会〟を行った。ここで佐藤が上白石に〝マジ注意〟をする一幕があり、視聴者から心配の声が上がっていた。

この視聴会には、佐藤、上白石の他、毎熊克哉、渡邊圭祐、お笑いコンビ『ミキ』の昴生と亜生が出演。放送を見ながら撮影時を振り返ることになったのだが、まず昴生は佐藤へ、上白石の印象について「役と違う?」と質問する。

上白石が演じた佐倉という女性は、何事にも真っすぐで一生懸命なナース。しかし不器用でドジを踏むことが多かったのだが、佐藤は「俺の印象だと(上白石と佐倉は)意外と違う」と指摘。続けて「一生懸命なところとか、そういうくくりだと一致するけど、結構別人。(上白石は)クレバーでしっかりしてる人なんですよ」と褒め称えた。

さらに今度は、ドラマでの〝ラブシーンの多さ〟についての話題が。第1話の撮影時点で、「こんなにキスするの分かってた?」と問われた上白石は、首を何度も横に振って否定。一方で佐藤は「4話で初めてキスするじゃないですか。5話くらいでプロデューサーと話したときに、『チューはすればするほどいい』とは言っときました」と、キスの多さは〝自らの提案〟だという裏話を明かすのだった。

このように、終始和やかな雰囲気で進んでいた視聴会だが、作中で天堂(佐藤)が佐倉(上白石)へチョココロネをバレンタインデーに渡すシーンについての裏話でピリつく場面が…。

上白石が「ここ健さんの案ですよね」と話すと、佐藤は「そんなことないよ。そうだっけ?」と知らんぷりする。しかし上白石が「最初は、『クリームパンの形で、中にチョコが入っている』という設定だと話してくださいました」と明かすと、佐藤は「お前あんま言うなよ!」と声を少し荒げて指摘。上白石が「何で!?」と驚くも、佐藤は「ベラベラと内情を… 全部しゃべろうとしてるんだもん」と不満げに訴えた。

すかさずミキの2人は「そういうの聞きたいですよ!」「そういう回だから!」と必死に上白石をフォローしたが、上白石は「すいません」と小声で謝り、それからしばらく口数が減ってしまうことに。また数秒間、誰もしゃべらないという気まずい時が流れていた。

健の沸点が分からない…


この様子にネット上では、

《健「お前あんま言うなよ」 萌音「なんでぇー?」 が甘過ぎてわたし溶けちゃうかと思った》
《「お前あんまり言うなよ」って焦ってたの良かった ドSもねねんも健在だったし》
《健くんの「お前あんま言うなよ」にドキッとした…そのあとの萌音ちゃんの「何で?」ってタメ口にも…2人のあの感じがたまらん》

など、〝キュン〟としたと歓喜する声が。しかし一方で、

《何であんな言い方で「お前あんまり言うなよ」って言ったのか分からない。そんなにダメなことなのか? 萌音ちゃん保護したい欲にかられてる人間にしてみればちょっとかわいそうに見える》
《健の「お前あんま言うなよ」で 完全に落ち込んだ萌音ちゃんかわいそうになった。健はたまに言い方がきついときがある》
《照れたとはいえ、「お前、あんま言うなよ」 ってなんなん? もねねん若干スンってなっとるやん。そういうとこやぞ!》
《健さんが真顔で「あんま言うなよ」って小声でもう一回くぎを刺して、萌音ちゃんが小さくうなずいてる様子があって、結構怖かったです。萌音ちゃん大丈夫かな》

など、佐藤が本気で怒り、上白石が委縮していたと心配する声も上がっている。

今回の視聴会はミキの言う通り、裏話を明かす会だったため、上白石の暴露は自然なもの。佐藤が急に怒りだしたのは一体、何だったのか。ただの照れ隠しだと思いたいが…。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ