三浦翔平、白濱亜嵐と“タッグ”を組んでドラマ撮影に臨む「熱いやつなので…」

E-TALENTBANK

2020/4/16 20:50


4月15日放送のNACK5『三浦翔平 It's 翔 time』に、三浦翔平が出演。テレビ朝日系の土曜ナイトドラマ『M 愛すべき人がいて』で共演する白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)とのエピソードを語った。

【別の記事】三浦翔平、キンプリ平野紫耀の美容院での“ある行動”に「嬉しいね」

番組の中で、三浦は、白濱とは2017年の映画『ひるなかの流星』でも共演経験があることに触れた上で「今回、始まる前に亜嵐にメールしまして」「すごく僕は気合いが入ってるので、正直亜嵐にも手伝ってほしい、そして助けてほしい、ということをメールして」と明かした。

続けて「(白濱は)一生懸命やります!っていう熱いやつなので」「一緒にね、『ひるなか』以来タッグを組んで、また今回も面白いお芝居を一緒にやっております」とコメントした。

なお、2人が出演するドラマ『M 愛すべき人がいて』は、4月18日から放送開始予定。同作品の中で、三浦は、安斉かれん演じる“アユ”をプロデュースし、やがて一人の女性として愛するようになる“マサ”を演じ、白濱はマサ直属の部下・流川翔を演じる。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ