【訃報】声優・藤原啓治さん 享年55

SPICE


アニメ『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役、『交響詩篇エウレカセブン』ホランド・ノヴァク役など多数の声を務めた声優の藤原啓治さんが4月12日に死去した、55歳だった。通夜及び告別式については親族のみにて既に執り行われたとのこと。

訃報は16日に藤原さんが代表取締役を務める「AIR AGENCY」の公式サイトで伝えられ、同サイトでは「弊社代表取締役及び所属声優である藤原啓治が癌のためかねてより闘病中のところ令和2年4月12日満55歳で逝去いたしました」と報告。「ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに 謹んでお知らせ申し上げます」と記している。

藤原さんは1964年10月5日生まれ、東京都生まれ。アニメから海外映画・ドラマの吹き替えまで幅広くこなし、青年役から老人役までさまざまな役を務めてきた。代表作として先述の『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役や、『鋼の錬金術師』のマース・ヒューズ役、『HUNTER×HUNTER(第2作)』レオリオ役、スマートフォン向けゲーム『グランブルーファンタジー』オイゲン役、そして洋画吹き替えとして『アベンジャーズ』シリーズのアイアンマン=トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)、『チャーリーとチョコレート工場』のウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)の吹き替えなど、アニメーション、洋画吹き替えに関わらず活躍されていた。

謹んでお悔やみ申し上げます。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ