七海ひろき、初のフルアルバムは、王族の血を引く双子の王子?

UtaTen

七海が作詞した全11曲



──まずは、フルアルバム『KINGDOM』が完成した今の気持ちをお願いします。

七海ひろき:全11曲、自分で作詞をして、すごく内容の濃い1枚になりました。だから、出来あがった時にはすごく達成感を感じました。今は、早く皆さんの元にお届けして、聴いて楽しんでもらいたいなって気持ちでいっぱいですね。

──アルバムタイトルの由来を教えてください。

七海ひろき:『KINGDOM』は、直訳すると王国。いつも応援してくれる皆さん、そして新しく七海ひろきを知ってくれた皆さんと一緒に、素敵な王国を目指していこう、と。それから、私自身がいろんなことに挑戦して、もっと人間として大きくなりたい、七海ひろきとしても成長したいという意味をこめて、このタイトルにしました。

王国というのは1人で作れるものじゃなくて、皆さんがいるから出来るものだと思うから。だからこのアルバムを聴いて、ひとつのチームというか、仲間の1人なんだっていうような……そういう気持ちになって貰えたら、嬉しいですね。

──歌詞も含め、作品全体を聴いて“冒険心”という言葉が浮かんだんです。七海さんは、ご自身で冒険心を持っていると思います?

七海ひろき:冒険心とか、少年のような心は持っていたいなと思っています。それが、書いていく中で素直に出て来た曲もあります。例えば『Trust』とか『君の未来日記』は、応援ソングでもあり、一緒に漕ぎ出して行こうっていう思いが込められています。

──歌詞はどのようにして、書いていったんですか?具体的に教えてください。

七海ひろき:「こういうテーマで曲を作って欲しい」とお願いして、出来た曲に歌詞をつけていきました。1曲、1曲、それぞれテーマがあり、自分の中の伝えたい想いや、ストーリーだったりします。

アザラシ歴は結構長い



──収録曲から何曲かピックアップして、お話しを伺いたいです。まずは「QQ」。これはどんなテーマでした?

七海ひろき:私、アザラシが好きなんですよ。

──はい、アザラシ。ほぅ!

七海ひろき:白いモフモフしたアザラシが好きで。

──あぁ、子供の頃のアザラシですね。モフモフですね。表情もたまらないですね。

七海ひろき:ですよね!自分が好きだから、それを曲にしたいと思ったんですよ。アザラシのイメージのようなほのぼのとした曲を作りたいとお伝えして、作ってもらいました。歌詞は、私の中では『KINGDOM』にちなんで、アザラシの国の王子さま「アザラシくん」が歌っているってイメージで書きました。

──あえて平仮名を使っている部分もあって、すごく印象的な歌詞でした。

七海ひろき:まだ大人になっていないアザラシが冒険に出るという感じにしたかったので、あえて平仮名にしました。

──アザラシ歴は長いんですか?

七海ひろき:ははは(笑)。元々は「少年アシベ」という漫画が好きで。主人公のアシベくんが持ってたゴマちゃんが好きだったんです。そこから始まっているので、アザラシ歴で言うと、結構長いですね(笑)

──歴史を積み重ねてますね(笑)。そういう風に、ずっと好きだったものが曲になった。その感想は?

七海ひろき:すごく嬉しいです。あと、アザラシをイメージした曲を作りたいと言った時に、即答で作りましょうと言ってくれた、チーム七海のスタッフの皆さんに本当に感謝してます。

──次は「Special summer」。レゲトンのリズムが特徴で、ライブでも盛り上がりそうなパーティーチューン。この特有のリズムは、歌ってみてどうでした?

七海ひろき:今まで歌っていた曲とは、ノリが違うので、どういう風に歌おうか考えました。歌を聴かせるというより、リズムや曲調を大切にしました。元気に夏を楽しむような。

元々、この曲はライブをイメージして作った曲なんですよ。皆でタオルを回して楽しめるような曲があったら良いなと思い作りました。

──歌詞はどんな風に?

七海ひろき:曲を太陽がキラキラして楽しくなるような夏ソングというテーマでお願いしたので、ひたすら夏の言葉を入れて書いていきました。ギラギラとか、キラキラとか、そういう……擬音で表現した方が、皆さんの耳にも残って、より楽しめるかな、と。この曲の中にある「ハレルヤ晴れ 晴れハレルヤ」ってフレーズが、私自身、すごく気に入っていて。

夏って、やっぱりカラッと晴れてると夏って感じがすると思うんです。元気になるし、どこかに行こうって気持ちにもなれるなと思って。そういう雰囲気を入れたいなと思ってた時、「ハレルヤ晴れ 晴れハレルヤ」って言葉が出て来て、ばっちりはまった時は、すごく嬉しかったです。

──「Special summer」というタイトルにちなんで、ちょっと切り口の違う質問を。1週間夏休みがあったら、どんな風に過ごします?

七海ひろき:夏休み! そうですね……本当は、私、夏はあんまり得意じゃないんですよね(一同笑)。でも、1週間休みがあったら、やっぱり夏を満喫したいなと思いますね。私、ハワイに行ったことないんです。日本の海でもいいけど、せっかくだからハワイに行ってみて、海で泳いだりしたら楽しそうだな、と。

物語の中の主人公



──ありがとうございました。アルバムのお話しに戻りますね。「Rainy Day」について。冒頭に、電話越しで話している台詞が入っていますが、このアイデアはどこから?

七海ひろき:「Rainy Day」がある程度出来上がった時、物語性が強い曲だなと思いました。それで、最初に台詞を入れた方が、聴いている皆さんが曲の世界観に入りやすいかなと思って、それで頭に台詞を入れました。

──台詞もご自分で決めて?

七海ひろき:そうですね。あまり作り過ぎずに……台詞を言ってますみたいにならないように、自然に電話をしてる感じにしたいという気持ちあって、そこは気を付けて録りましたね。『Rainy Day』もそうですけど、他に『もう一度…』とかは、七海ひろきがこうだ……っていうよりも、ある物語があって、その主人公だったら、こういう風になるんじゃないかなって、いろいろ想像しながら作った曲です。だから台詞も『Rainy Day』の主人公だったら、こういう感じかなとイメージしました。

──自分とは違う人格をイメージしたということ?

七海ひろき:そうですね。私から産まれているものなので、どこかしら要素は出てると思う。でも、自分とは違う世界観や想いを考えたり、表現したいというのは前回のミニアルバム『GALAXY』からありました。

──それは、歌詞をつける前に曲を聴いた時に、自分とは別の主人公像が浮かんだってことですか?

七海ひろき:というよりは、まず雨の日の物語を曲にしたいなと思ったんです。そのイメージを伝えて曲をつくっていただきました。そこから例えば、こういう2人がいて……こうなっていって…という風に、2人の物語を膨らませていきました。

──なるほど、なるほど。確かに『もう一度…』と『Rainy Day』は、他に比べて、歌詞の内容がロマンチックですね。こういう、胸がキュンとするようなロマンチックさみたいなものは、七海さんが歌詞を書く中で大切にしている部分でもあるんですか?

七海ひろき:そうですね。宝塚の時もそうでしたが、観ている皆さんが、キュンとして、ときめいてくださったりするのがとても嬉しいんです。音楽でも、そうなってくれると嬉しいなぁという思いはありますね。

少しだけ頑張ろうでいい



──「Never too late」は、ダークな世界観も感じるハードなアップナンバー。

七海ひろき:ノリのいいダンスナンバーのような曲を作りたいと思いました。ライブで盛り上がれる曲にしたいと思ったので、掛け声を入れたり。あと、カッコ悪いことがカッコ良く感じることがあるということを表現したかった。

──今おっしゃった、カッコ悪いこととは、例えば、がむしゃらさ、とかでしょうか?一生懸命に何かやるということが、カッコ悪いと思われることも、今の世の中、多々ありますもんね。

七海ひろき:そうなんですよね。でも、がむしゃらに頑張ってやることを私はカッコいいと思うので。曲タイトルにもつながるんですけど、何かを始める時に遅すぎることはない、と。たった一度の人生なんだから、カッコ悪くても突き進んだらいいんだよという思いを伝えたいなと思って歌詞を書きました。

──そういう……始めることに遅すぎることはない……みたいなことを日々考えたりすることはあるんですか?

七海ひろき:私自身は、どちらかというと、今やりたいことは、今やろうってタイプなんですが、そう思える時もあれば、そう思えない日もあります。

──少し立ち止まって休憩したい時もありますよね。

七海ひろき:そうですよね。そういう時は、休憩して、また少しだけ頑張ろうって思えるような曲になったらいいなって。すごく頑張らなくてもいいから、ちょっとだけ、昨日より今日、今日より明日みたいに、進んでいければいいと思うから。

初回盤が弟、通常盤が兄



──アルバムタイトルにもなった『KINGDOM』について聞かせてください。

七海ひろき:この曲を聴いた時、私の中に王族の血を引く双子の王子の物語が浮かんだんです。実は、CDのジャケット写真はその双子の兄弟をイメージしています。初回限定盤が弟。弟はちょっとやんちゃでみんなの人気者。通常盤が心優しく頭脳明晰でちょっと体の弱いお兄ちゃん。このイメージから、歌詞を書いていって。だから1番は弟を、2番はお兄ちゃんを歌っているんです。

──すごい切り口。想像力が豊か過ぎる。今伺って、とても面白かったです。ただ、個人的に『KINGDOM』を聴いて孤独というイメージが浮かんだんです。そこで伺いたいのが、七海さんの中にある孤独のイメージについて。ちょっと作品からは離れてしまうかもしれないんですけど。

七海ひろき:孤独………(真剣に考え中)……すごく極論を言ってしまえば、人間、最後は1人で死ぬわけじゃないですか。そういう意味では、人間って、個人だし、孤独と感じることもあると思うんです。でも、今、私の周りには助けてくれる人がたくさんいる。応援してくれるファンの皆さんもいる。だから今は、私自身、孤独を感じることは無いですね。私1人だったら、『KINGDOM』って作品も出来なかったと思うし。皆さんがいたから、作ることが出来たアルバムだと思っています。

──そう思えるのは、すごく幸せなことですね。

七海ひろき:本当にそうです。私は、周りの人に、そしていろんな人との出会いに恵まれていると、すごく思う。とても幸せなことだと思ってます。

──人の出会いに感謝出来るって、すごく素敵なことだと思うんです。それだけで才能というか。出来ない人もたくさんいるわけですから。七海さんの中には、そういう感謝の気持ちっていうのが、ベーシックにあるように感じるんですが、いかがでしょう?

七海ひろき:そうですね。私自身が不器用な人間なので、すごくカリスマ性があって、1人で何でも出来る人になりたいなと思うのですが、自分はそうじゃない。皆がいろいろ助けてくれるからこその七海ひろき、なんですよね。退団して、この1年間、その思いがさらに強くなりましたね。

──周りのスタッフがいて、ファンの皆さんがいるから、自分が七海ひろきになれるという感覚?

七海ひろき:そうです。本当にそう思います。こう思うことが出来るって、すごくありがたいことだなと実感してます。

褒められると…?



──退団後の自分を改めて振り返ってみて、新発見などはありました?

七海ひろき:新発見ですか……そうですね……(再び真剣に考え中)……。

──………私は、先日まで放送されていたアニメ『織田シナモン信長』を見て発見がありましたよ。声優・七海ひろきがやった三津秀人という役は、いつでもテンション高い天然キャラでしたよね。あ、こういうテンションの役も出来るのかという発見でした。すみません、ちょっと偉そうな言い方になってしまいました。

七海ひろき:あはははは(笑)。秀人(=三津秀人。七海が「織田シナモン信長」で担当したキャラクター)はテンションがいつも高かったですからね。私、普段は、のんびりしていて(笑)ずっとテンションが高いという方ではないので、アフレコの時は大変だったんですよ(一同笑)。

──で、新発見、ありましたでしょうか?

七海ひろき:新発見というよりも、改めて気付かされた部分が多かったかな。改めて自分はこういう性格なんだとか、こういうクセがあったんだとか。自分はこういう風に見えたりすることがあるんだとか。そういう部分を改めて気付かせてもらえた。そこが自分にとっては発見でしたね。

──改めて言われて、1番嬉しかったことは? 言葉とかでもいいんですけど、思い出せますか?

七海ひろき:うーん……(さらに真剣に考え中)……あ、あった! すごく単純だけど“褒められると伸びるタイプだよね”って言われた時が嬉しかったな(笑)。結構、私、言われたことによって気分が変わるタイプなんですよ。例えば、ライブとかで、ファンの皆さんに「カワイイー!」とか「カッコいいよ!」って言われると、どんどんテンションが上がっていく(笑)。お手紙で「私たち(=ファン)のそういう声(=声援)で、どんどん七海さんのテンションが上がっていく姿を見て、褒められれば伸びるタイプなんですね」ってお言葉をいただいて(一同大爆笑)。

──ファンの皆さん、めっちゃ分析してますね(笑)。

七海ひろき:皆さん、私より私のことをよく知ってくれています。ライブやイベントって、例えば舞台観劇よりも、お客さんにとって自由度が高いんです。舞台観劇中に、突然「カッコいい!」とか叫べないですよね(笑)ライブの方が、コールアンドレスポンスが、圧倒的に多いんです。

皆さんが盛り上がってくれていることに、私自身が、どんどん盛り上がっていって、それをみなさんも感じてくださって、その一体感がとても楽しいです。

──では最後に。ファンの皆さんにメッセージをお願い致します。

七海ひろき:1曲1曲、言葉や気持ちをすごく大切にしながら、作詞をしたので、聴いて楽しむのはもちろん、歌詞もゆっくり読みながら聴いてもらえたらと思います。そして、このアルバムを聴いてくださった方が少しでも笑顔になれたらいいなと思っています。11曲全て雰囲気の違う曲となっているので、何度でも聴いて楽しんで貰えたら嬉しいです。

TEXT 伊藤 亜希
PHOTO 片山拓

プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。

Follow @utaten

Tweet

【応募締め切り】
5/3(日) 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

当記事はUtaTenの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ