ワン・ダイレクション、結成10周年を記念し5人が再結集か リアム・ペイン「いくつかプロジェクトに取り組んでいる」

現在活動休止中の英ボーイバンド「ワン・ダイレクション(1D)」に再結集の噂が浮上した。バンド結成から10年の節目にあたる今年、ゼイン・マリクも含めた5人全員による“リユニオン”が実現しそうだという。

英人気オーディション番組への出演がきっかけとなり、2010年に結成されたボーイバンド「ワン・ダイレクション」ハリー・スタイルズリアム・ペインルイ・トムリンソンナイル・ホーランゼイン・マリクの5人からなる同バンドは、それぞれの歌唱力や個性豊かなキャラクターが人気を博し、英国を代表するボーイバンドへと成長した。

しかし2015年3月にゼインがバンドを脱退、その1年後に音楽の方向性の違いや個々の活動に専念したいという理由でバンドは活動休止を発表した。現在は5人それぞれがソロアーティストとして音楽活動を行ったり、リアリティ番組の審査員や俳優などとして活躍の場を広げている。

そんな「ワン・ダイレクション」には再結集を願う声が常々寄せられており、これまで何度かその可能性が報じられたこともあった。今年1月に公式サイト「One Direction – The official website」がアップデートされた際には、にわかに再結集に期待を寄せる声があがったものだ。

そして今月13日、ついに「ワン・ダイレクション」のメンバーらが再結集に向け、本格的に話し合いを進めていることが伝えられた。『Page Six』によれば、2010年7月に誕生した同バンドが今年結成10年の節目を迎えるにあたって“リユニオン”を実現させる方向で、いくつかの企画が候補にあがっているという。

最近になってハリー、リアム、ルイ、ナイルの4人と「ワン・ダイレクション」のグループ公式Twitterが、脱退したゼインのTwitterアカウントを次々と再フォローしはじめたことで、このたびの“リユニオン”企画はゼインも含めた5人によるものであることが濃厚視されている。現時点ではメンバーの軌跡を振り返る特別TV番組や、新曲リリースといった具体案が出ているようだ。

リアム・ペインは今月9日、「どこまで話していいのかわからないんだけど」と断ったうえで、

「もうすぐ10周年なんだ。だからここ数週間、メンバーのみんなとよく話しているよ。すごく嬉しいことだね。」

「みんなの声を聞いたり、しばらく目にしてなかった古いコンテンツとか、初めて見るものなんかもあって、すごく面白いよ。」

「いくつかプロジェクトに取り組んでいて、メールを転送し合ったりとか、そういうやり取りもしている。」

と英紙『The Sun』に明かしており、なんらかの形で再結集が実現する可能性を示唆していたところだった。

5人がそれぞれ違ったレコード会社に所属していることや、新型コロナウイルスの影響などもあり、再結集の実現には様々な課題があるものの、10年間変わらず応援し続けてくれるファンに対し「メンバー全員がなんとかして恩返しをしたいと考えているようだ」と関係者は明かしている。メンバー間のTwitter再フォローや再結集のニュースを受け、Twitter上では“#OneDirectionReunion”、“#1DOnlineConcertStayAtHome” といったハッシュタグがトレンド入りした。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ