中村倫也を「動物化」すると…? 「既視感はこれか!」「わかる」と納得するファン多数

fumumu


中村倫也

俳優の中村倫也が12日、TV番組『おしゃれイズム』に出演。

現在ハマっているという漫画が「BEASTARS」(秋田書店)であることを明かし、原作者から自身を「動物化」したイラストを贈呈されました。

■最近お気に入りの漫画


この日、番組でハマっている漫画があると告白した中村さんは、現在週刊少年チャンピオンで連載中の『BEASTARS』が面白い!と紹介。

本作は擬人化された肉食獣と草食獣が生活・共存をする世界を舞台に全寮制の学校へ通う動物たちの日常や闇に潜む事件が描かれる群像劇。ファンの間では「ダークなズートピア」と呼ばれることもしばしば、漫画好きの間では度々話題となる一作です。

作者はあの「刃牙」シリーズを描く板垣恵介先生の娘・板垣巴留先生。肉食・草食の間に生まれる溝や差別をどこか生々しく表現し、2019年にはアニメ化もされました。


関連記事:広瀬アリス、中村倫也の近況を報告! ハッシュタグにファン歓喜

■動物化の結果は?


中村さんが「面白いんですよー」と称賛したところ、番組からのサプライズとして板垣先生が描いた「動物化」のイラストが贈呈されます。

先生の中で中村さんは「ナマケモノ」だったらしく、スタジオにはキュートなイラストが登場。中村さんは驚きながらも喜びの表情を見せ「俺こんな顔する!」と、イラストと同じような素敵な笑顔を披露しました。

また、MCの上田晋也さん、藤木直人さん、森泉さんを動物化したイラストも寄贈されており、上田さんはイグアナ、藤木さんはウサギ、森さんはカンガルーとこちらも個性豊かな動物に変換されています。似てる…。

■可愛い姿に歓声


放送後、ツイッターでは「ビースターズ読んでるんだ!!なんか嬉しいな!」「ステキなコラボ」「ビースターズの絵柄で中村倫也やばい」といった歓声が殺到。「中村倫也、既視感の正体はナマケモノか……」「ナマケモノ倫也くんも可愛い」などの称賛が続出しています。

また、その直後に放送されたドラマ『美食探偵 明智五郎』にて優雅でクールな探偵を演じた中村さんのギャップに驚くファンも多数見受けられました。

いつもはナマケモノのようなホワホワしているのに、演技になると別人となる彼に益々惹かれた方も多いのではないでしょうか。

・合わせて読みたい→中村倫也、主演ドラマのインスタ始動! オフショットにファン歓喜

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ