セブン限定『ペヤング そばめしおむすび』にマヨネーズぶっかけてチーズのせてレンチンしてみろ、激ウマだぞ!!



「ペヤング」とはもちろん、まるか食品のカップ焼きそばのことである。さまざまな種類の商品を販売しているだけでなく、あのソースの味を武器に、スナック菓子冷凍ピザまで販売した実績がある。先日、そのペヤングファミリーにセブンイレブンと共同開発した商品が登場したのはご存じだろうか。そばめしおむすび(税込129円)がそうだ。

そばめしといえばマルハニチロとコラボした冷凍食品が高評価だったが、相棒がセブンで形もおむすびになったとしてもウマいに決まっているだろ。今回、そのウマさをさらに2段階アップさせたアレンジを紹介したいと思う!

・そのまま食ってもウマい、が!
先にお伝えしておこう。コレはそのまま食ってもウマい。十分にウマい! 何も手を加えなくても、大満足する商品だ。ペヤングのソースの旨味を吸ったご飯の、なんとウマいことだろう!

もしかしたら、本家のペヤングを食うよりも高い満足度を得られるのでは? そう思った次第だ。したがって、初めて食べるという人は、まずは “素(す)” でこのおむすびを食べて欲しい。

満足は満足なのだが、さらに秘めたるポテンシャルを引き出すことができるのでは? アレとアレを足すと絶対にウマくなるはず!

・マヨ + チーズ
アレとアレとは、マヨネーズとチーズだ。私が考え付いた「マヨチーペヤングそばめしおむすび」の作り方を説明しよう。

まずは、おむすびを電子レンジで軽く温める。冷えたものよりもほんのり温かくしておいた方が、チーズをのせて温める時の温度のムラがでにくい。ホントに数十秒温める程度で十分だ。

温まったら、マヨネーズをぶっかける。好みの量をおむすびの上にしぼり出そう。そのまましぼりっぱなしでもヨシ、スプーンなどで平らになじませてもヨシである。

その上からとろけるスライスチーズをのせる。

再びレンジに戻して加熱しよう。この時に気を付けたいのは、ラップをふんわりとかけること。ピチっとかけるとチーズが貼り付くので、ふんわりと覆うようにしてかける。そして、レンジの様子を見ながら、ほんのりとチーズが溶けるくらいで取り出そう。

完成で~す!!

粉末のパセリを上から振りかけて、色目を良くしてもよいだろう。クルトンを砕いて振って、サクッとした食感をプラスするのもアリだ。

・さらに美味しく進化できる
食べてみると、ジャンクな味のおむすびがもっとジャンキーに! 濃い味をさらに濃く、ソース × マヨネーズ × チーズ、この3つが混ざり合ってまずくなる訳がないのである。

このアレンジはさらに罪深いものにメガ進化させることが可能だ。オーブントースターに突っ込んで、こんがり焼き目をつけるのも良い。ブイヨンなどの出汁に浸して、洋風茶漬けに仕立て上げるのもオツというものである。

とにかく、ペヤングそばめしおむすびは汎用性が高いので、いろいろアレンジしてみるのが良いだろう。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ