“ディーバ”マライア・キャリーが恋人の誕生日にケーキを手作り

マライア・キャリーの恋人ブライアン・タナカが37歳のバースデーを迎えた。自主隔離中の今年は、どうやらマライアのお手製ケーキで祝福したもよう。度々破局説が浮上した2人だが、Instagramには幸せそうなツーショットも公開されている。

マライア・キャリーが13歳年下のブライアン・タナカと初めて出会ったのは2006年、マライアの「Adventures of Mimi」ツアーにブライアンがバックダンサーとして参加した時だった。ブライアンはこれまでビヨンセリアーナといった一流アーティストのバックダンサーを務めた経歴があり、ダンス講師や振付師として活躍、2016年6月にマライアのクリエイティブディレクターに任命された。

仕事上のパートナーだったマライアとブライアンの関係がロマンスへと変化したのは、2016年10月にマライアが豪出身の大富豪ジェームズ・パッカー氏に婚約を解消された後のことであった。パッカー氏がマライアとブライアンの親密すぎる関係に嫉妬したことも婚約解消の理由の1つだったと言われている。当時ケガで休養中だったブライアンがマライアのラスベガスの公演会場に駆けつけた際には、そのことに激昂したパッカー氏がブライアンをカジノホテル「シーザーズ・パレス」から出禁にした、というのは有名な話だ。

超一流アーティストであるマライアと13歳年下のバックダンサーとの交際は当時、「婚約解消で傷心のマライアの単なる火遊び」「ブライアンはまるでヒモ」などと報じられ、その後はマライアの元夫ニック・キャノンに対するブライアンの嫉妬や金遣いの荒さが原因となり、あっけなく破局してしまった。

しかし2人は2017年6月に復縁、以降交際を続けている。今ではマライアの双子の子供達ともすっかり打ち解けているようで、Instagramにも度々登場するブライアンはファンの間でも認知された存在になっている。

昨年のブライアンの誕生日にはブロードウェイでミュージカル『ハミルトン』を仲良く鑑賞し、その後は高級レストランを貸し切り盛大に祝っていたが、今年は新型コロナの影響で自主隔離中ということもあり、マライアはブライアンのスペシャルデーをお手製ケーキで祝福しようと計画しているもよう。Instagramストーリーには、ケーキ作りに挑戦する自身の様子を収めた写真がアップされており、

「サプライズのケーキを作っているところよ…少なくともそのつもり(笑)」

と言葉を添えている。パジャマ姿であることから、どうやら朝からケーキ作りに奮闘していたようだ。超ディーバ気質で知られるマライア・キャリーだけに、ケーキ作りに勤しむ彼女の家庭的な一面には多くのファンが驚いたようである。

画像は『Mariah Carey 2020年4月11日付Instagram「Happy birthday」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ