SEVENTEEN&マンウィズが総合首位、髭男&ミセスが新曲配信、野球番組が音楽特番へ:今週の邦楽まとめニュース

Billboard JAPAN



2020年4月13日付のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、SEVENTEENの「舞い落ちる花びら (Fallin' Flower)」が総合首位を獲得した。初週売上425,873枚でCDセールス1位を記録した本曲は、ラジオ1位、CD読み取り回数のルックアップ3位、ダウンロード25位、ストリーミング63位、Twitter 7位で初登場で総合首位に立った。総合2位と3位にはOfficial髭男dismの「I LOVE...」と「Pretender」がチャートイン。SNSを中心に話題を呼んでいる星野源の「うちで踊ろう」は、Twitter 2位で総合21位に初登場した。

【ビルボード】SEVENTEEN「舞い落ちる花びら」425,873枚を売り上げ初登場で総合首位獲得 星野源「うちで踊ろう」Twitter急伸(4/8訂正)
【ビルボード】SEVENTEEN『舞い落ちる花びら (Fallin' Flower)』42.5万枚でSGセールス首位 Juice=Juice/乃木坂46が続く

総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、MAN WITH A MISSIONのシングルB面やカバー曲が収録された『MAN WITH A “B-SIDES & COVERS” MISSION』が初週21,124枚売上でCDセールス1位、ダウンロード3位で総合1位に初登場。チャートイン3週目となるUruの『オリオンブルー』はダウンロード1位、CDセールス3位、ルックアップ3位で最高位の総合2位、Official髭男dismの『Traveler』が総合3位、そしてCDセールス2位のマカロニえんぴつの『hope』が総合4位にチャートインしている。

【ビルボード】MAN WITH A MISSION『MAN WITH A “B-SIDES & COVERS” MISSION』が総合アルバム首位 Uruが過去作含め上昇
【ビルボード】MAN WITH A MISSION『MAN WITH A “B-SIDES & COVERS” MISSION』が2.1万枚でALセールス首位 マカえん/Uruが続く

ソング・アルバムともに好調なOfficial髭男dismが新曲「パラボラ」をデジタル配信した。本曲は、永野芽郁が出演する『カルピスウォーター』のCMソングとしてオンエアされており、Official髭男dismは「いろいろな新しいタイミングの、ちょっとした不安と期待感の、混ざった感情を描きました。ただ明るくて前向き!というだけではなくて、悩んだり迷ったりしながらも、“まっしろ”な自分だから、“まっしろ”な時間だから、体験できる人生を描けたのではないかと思います」と語っている。

Official髭男dism、新曲「パラボラ」配信スタート&最新アーティスト写真公開

Mrs. GREEN APPLEも新曲「PRESENT(English ver.)」をデジタル・リリースした。SNSで「#PRESENT」、「#StayHomeSaveLives」そして「Keep Calm, Stay home. A music from somewhere in Japan.」というキャプションとともに同曲の1コーラス分のリリックビデオが公開されていたが、詳細は明かされていなかった。現在、ミセスの2020年第1弾となる本曲のミュージックビデオがフル公開中だ。

Mrs. GREEN APPLE、2020年第1弾となる新曲「PRESENT(English ver.)」配信&MV公開

米津玄師の「馬と鹿」のMVが、4月7日5時25分に再生回数1億回を突破した。米津は自身の楽曲がYouTube再生1億回を突破するのは今回で10作品目となる。米津のYouTubeチャンネル登録者数は日本人アーティストとしてトップの483万人で、チャンネルの総再生回数は26億回超えと、日々その記録を更新している。

米津玄師「馬と鹿」MVが1億再生突破

MVの話題はそのほかにも。YouTube登録者数100万人突破を記念してAimerがこれまで発表したMV10本をフル公開。その中には「We Two」や「Stand By You」、「カタオモイ」、「StarRingChild」などが含まれる。また、Mr.Childrenは「君がいた夏」、「innocent world」、「ヒカリノアトリエ」、「SINGLES」など、過去に発表した新旧20作品のMVを一挙に公開した。

Aimer、過去のミュージック・ビデオ10作品をフルサイズ公開
Mr.Children、MV過去作品20本をYouTubeオフィシャルチャンネルにて公開

新型コロナウイルスの感染拡大によるプロ野球公式戦の開幕延期を受けて、『文化放送ライオンズナイター』では4月10日、14~17日、28日、30日の7日間にわたり、音楽特番『文化放送ライオンズナイタースペシャル 音楽で日本をアゲる!』が放送される。パーソナリティを務めるのは、永野、緑黄色社会、家入レオ、豊崎愛生、DJ KOOほか計7名で、各パーソナリティが選ぶ「元気になれるプレイリスト」も公開。番組ではリスナーから「元気になれる曲」のリクエストを受け付けている。

プロ野球ナイター枠が音楽特番へ、パーソナリティは永野、緑黄色社会、家入レオ、豊崎愛生、DJ KOO

その他今週の注目ニュース
ピコ太郎、2020年バージョン「PPAP」は手洗いソング
IZ*ONE、ライブ映像で遊べる公式リズムゲームが配信決定
浜崎あゆみ、TikTokオフィシャルチャンネル開設
與真司郎(AAA)、様々な“與真司郎”を楽しめる新曲「Follow Me」MV公開
【阿蘇ロックフェスティバル】が開催中止、泉谷しげる「来年、元気に逢いましょう!」

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ