『浦安鉄筋家族』に更なる援軍、プロレス界から最強のパワー系キャスト集結

dwango.jp news

2020/4/10 07:49


『きのう何食べた?』や『勇者ヨシヒコ』シリーズ、『孤独のグルメ』シリーズなど数々の大ヒット作を生み出し続けているテレビ東京・金曜深夜の「ドラマ24」枠。4月クールは主演・佐藤二朗、共演者に水野美紀・岸井ゆきの・坂田利夫らを迎え、監督に『おっさんずラブ』の瑠東東一郎、脚本にヨーロッパ企画の上田誠という最強の布陣で『浦安鉄筋家族』を初ドラマ化。原作人気キャラクター・花丸木役に染谷将太、春巻先生役に大東駿介などの出演が発表となり、LINEニュースランキング入りをするなど『浦安鉄筋家族』旋風を巻き起こす本作が、いよいよ本日深夜放送スタート。

そして『浦安鉄筋家族』に更なる援軍!?最強のパワー系キャストも大公開。浦安では「ノーファイヤー!!」とにかく破天荒な大沢木家のやりすぎ行動の歯止め役?熱血警察官・大谷暑司役に、1974年全日本プロレスからプロレスラーとしてデビューした涙のカリスマであり、ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチを考案。命を懸けたアグレッシブなファイトで日本中を湧かせる「炎の稲妻」・大仁田厚が決定。



浦安の治安を守る?彼女に捕まると車ごとパイルドライバーをくらい、病院送りまっしぐらの日本一凶暴な女性警察官・江戸紫桃代(通称・ボボヨ)役に、1986年にプロデビュー。30年以上リングに立ち続ける現役の女子プロレスラー。今なお現役でプロレス界をけん引しているアジャコングが決定。1997年に新日本プロレスからデビューし、リングでは激しい突進ファイトを見せる「暴走キングコング」。近年では「スイーツ真壁」として、バラエティ番組を中心としたマルチな活躍が注目され、プロレスファンのみならず女性や子供たちにも人気を博す、真壁刀義が本人役で登場。『浦安鉄筋家族』が誇る名実ともに「最強」のキャストが、主演・佐藤二朗らの豪華キャストと共に日本中に笑いとパワーを届ける。

さらに、ドラマ24『浦安鉄筋家族』大沢木家&サンボマスターが、OP映像とMVで豪華コラボレーション。また、OP映像はもちろんのこと、MVもドラマのチーフ監督・瑠東東一郎が手掛けている。サンボマスターとドラマ24『浦安鉄筋家族』の世界観が融合した映像に、乞うご期待。アツいオープニング映像は、今日深夜放送のドラマで要チェックだ。

<大仁田厚 コメント>

原作読んだら「なんじゃこら~!(笑)」。出演オファーもらって「よし、ファイヤーでいくぞ!」と気合が入りました。兎にも角にも「ファイヤー!」です!そして佐藤二朗さんは面白い。個性的で好きな俳優さんです。俺は年間300本以上映画やドラマを観るけど、他にない印象に残る俳優さんが好きなんです。おい!おい!おい!俺の出番は短い!絶対に!絶対に!絶対に!見逃すなよ!ファイヤー!

<アジャコング コメント>

昔、漫画を読んでて、無茶苦茶だけど楽しくて、でも本気でこの人達が周りにいたら迷惑だろうな(笑)とか思いつつも大好きな作品でした。ボボヨを演じられるのは、世界中どこを探しても自分以外にいるわけない!他の役者さんには大変申し訳ないですが、これだけは誰にも譲れない(笑)と思いました。佐藤二朗さんに現場でお会いした時、非常に気さくで優しい方で、お茶目な感じもあって、ある意味大鉄感も満載で(笑)おかげさまで、リラックスして撮影にのぞめました。一に笑って、二に笑い。三四に笑って五に笑い。とにかく、笑って笑って笑いまくれる、嫌なこと全部吹き飛ばしてくれる楽しいドラマです。もちろん、ボボヨのはちゃめちゃな活躍も(笑)楽しんでください。

<真壁刀義 コメント>

俺が新日本プロレスの寮にいた若手の頃、コミックを買って選手たちで回し読みしていたから、まさか自分がその超絶面白い漫画の実写ドラマに出演できるとは思ってもいなかった!だから、俺が出演するからには豪快さと抜けた感じを表現しようと心に誓っていた!主演の佐藤二朗さんは今回初めてお会いしたけど、とても丁寧な方だった。ソノ人がアノ抜けた役をやるんだから面白いに決まってんだろって!見所は、ヤッパリ配役の方々が原作以上に面白ヤバい感じを演じてるわけだから間違いねぇだろ!とにかく面白おかしいドラマだから、ストレス溜まったりなんだか行き詰まったりした時にはコレ見て大笑いして貰いたいね!!

■ドラマ24『浦安鉄筋家族』

4月10日(金)スタート 毎週金曜深夜0時12分

放送局:テレビ東京系(テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ九州放送)※テレビ大阪のみ、翌週月曜深夜0時12分放送

主演:佐藤二朗

出演:水野美紀 岸井ゆきの 本多力 斎藤汰鷹 キノスケ 坂田利夫 ・ 染谷将太 大東駿介 松井玲奈 宍戸美和公 / 滝藤賢一

(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ