谷まりあ、別れのキスに号泣…小森隼「ガン泣きじゃん」

Entame Plex



恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くAbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』の#11が、4月4日に放送された。

本番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショー。

全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取るために、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。今回は、男性3名、女性3名という構成からスタートし、第1話から第12話の間に新たなメンバーが追加となる新ルールが設定され、井上佑さ(以下、たすく/24歳)、千綿勇平(以下、チワ/28歳)、南北斗(以下、ほくと/21歳)、木村葉月(以下、はづき/19歳)、日比美思(以下、みこと/21歳)、若菜(以下、わかな/26歳)らの6名に、第2話からは新メンバー・平田梨奈(以下、ひらりー/21歳)、そして、第4話では根岸拓哉(以下、タクヤ/23歳)が新たに加入した。

また、今シーズンでは、物語の初めから終わりまで、1人の俳優が主演を務める通常のドラマとは違い、主役の「神谷大樹」役と「神谷恵子」役を、若手俳優8名の中から、各話ごとのオーディションで選ばれたペアが演じていくという前代未聞の“主演が毎回変わる連続ドラマ”、『BANG BAN LOVE』に初挑戦。

この日の放送では、恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』の最終話と、その主役を決める投票結果開票の模様をお届け。オープニングトークでは、前回までの恋愛模様を振り返り、たすく、ほくと、チワの3人から想いを寄せられているはづきの話題に。番組開始当初のペア決めでは誰にも選ばれず、人気がなかったはづきのモテモテぶりに、渡辺直美らMC陣が驚きを見せる中、あ~ちゃん(Perfume)は「やっぱ演技して、キスシーンしたら、心が動くってことなんですね!これが『ドラ恋』!」と、爛々と目を輝かせ、スタジオの笑いを誘った。

その後、番組ではドラマ最終話の撮影当日を迎え、演技指導の澤田育子先生によって早速、投票結果の開票に。(ドラマ最終話の主役はメンバー8人による話し合いで決めることになっていたが、1時間にも及ぶ話し合いの結果、意見がまとまらず、結局投票により主役を選ぶことに)8人中はづき自身を含む7人がはづきに投票し、チワが自分自身に投票していたことが明らかになり、恵子役ははづきに決定となったが、澤田先生はこの結果に対し、「自由な意見を言えるはずの投票で自分に投票したメンバーが少ない」、「“主役を演じたい”という強い思いが感じられない」と指摘。

「覚悟と思いを持ってる方にやってもらいたい。そういう意味で、はづきさん同様、ご自身に投票した千綿さんにやっていただくのがいいかと思います」と、澤田先生はチワを指名し、チワは最終話にして初めての主役の座を勝ち取った。ついに最終話を迎えた恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』では、愛し合いながらも別れることを決断し、思い出のキッチンカーで最後の時間を共に過ごす恵子と大樹…。



物語のラストシーン、悲しい別れのキスを交わす2人に、谷まりあは「キツいなと思って…」と声を詰まらせながら号泣。あまりの泣きっぷりに、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)は「ガン泣きじゃん」とツッコミを入れていた。

(C)AbemaTV

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ