マツコ、”コロナ給付金”に持論「分け隔てなく全員に。財政は高所得者が」

※画像は、『5時に夢中!』公式Twitter より

 

4月6日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、コラムニストのマツコ・デラックスが、政府が新型コロナウイルス感染拡大を受け1世帯あたり30万円の現金給付を行うと決定したことに対して持論を展開した。

政府は頑張れる気持ちになれる言葉を言って

政府が発表したコロナ給付金30万円についてマツコは「あれだけ細かく審査をしなきゃいけない条件で出したけど、この状態で申請に来る人が市役所とかで窓口に殺到したらどう対処するんだろっていう……」と政府の方針に疑問を抱くと「だから出すんだったら分け隔てなく全員に出す。で、こういう混乱を招かない」と提案。

 

そして「じゃあ財政どうするんだっていう話にもなるんだけどさ。これはだから人によって考え方が違うからあんまり声高らかに言う話でもないかもしれないけど、私たちはさ、有難いことに人様よりちょっと多く(お金を)貰ってるわけじゃない普段。だから『所得の高い人は、ちょっと税金はしばらく高くなる』とかさ、なんかやりようはあると思うのよ」とひとつの財政案を提示。

 

続けて「今、バラ撒きすることに対しての恐怖みたいのも、たぶん政府としてはあるんだろうけど」と過去の事例からも政府側が慎重になることに理解を示しつつも「ただでさえ凄い金額借金してる国なんだからさ、それがちょっと増えたところでさ」と笑い「後で『あんた人より金稼いでるんだから少し税金高く収めてくれよ』って言われれば、この状況なんだから『はい分かりました』って言うので、後で考えればいいことなのよ」と財政はどうにでもなると豪語するマツコ。

 

また「明日ね、もし本当に緊急事態宣言が発令される(※)にしても、もうちょっと聞いて安心できることを言ってほしいよね。言われれば言われるほど不安を掻き立ててしまっている状態だから今、もちろん色々事情はあるんだろうけど、少しみんなを安心させて『ここまで言ってくれるんだったら、ちょっとみんなしばらく耐えよう!』って頑張れる気持ちになれる言葉を言ってほしいわよね」と政府に要望していた。

 

(※)4月6日放送時点での発言。翌7日に緊急事態宣言が発令されました。

 

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ