山田孝之、松田龍平愛を暴露「立ってるだけでとにかく絵になる」

※画像は、『おしゃれイズム』公式Instagram より

 

4月5日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、俳優の山田孝之が「永遠の憧れ」として同い年の松田龍平を挙げ、プライベートでのエピソードを披露しながら松田への愛をダダ漏れさせた。

「恋愛みたいなもの。ずーっと追っかけてる」

この日は山田の交友関係をまとめたボードを用意。

まず『永遠の憧れ』の項目で『松田龍平』と発表されるとMCの上田晋也は「子供の頃から見てた俳優さんとかじゃないんだ?」と意外そうな表情。山田は「同い年なんですよ。鮮烈なデビュー(映画『御法度』で主演)をして、その時十代の僕らは『チッ!なんだよあいつ!』みたいな。『いいなぁ』みたいな」と話し、「こういう人の(姿を)見てて、立ってるだけでとにかく絵になるっていうのがスゴいなと思って。でも『俺は立ってるだけで絵になんないから、とにかくもう表現するしかない』みたいな。何かそういう感覚はありましたね」と明かす。

次に上田が「熱い映画の話とか」というと山田は「ならない。絶対ならないですよ」と断言。「何で?」と聞く上田に「いや、だって龍平くんなんかポーっとしてるじゃないですか」と山田。これに上田は「いや、プライベートあんま分かんないですけど」と苦笑して「じゃあ『何か話噛み合わねえな。温度が全然違うな』とかってふうにはならないんですか?」と質問。山田は「いやだからそれがイイんですよまた。なんか恋愛みたいなもんじゃないですか。ずーっと追っかけてるんです」と話し、「あ~なるほどね」と納得する上田に「たまにでもチラッチラッと見てくるんですよ。僕が『ちょっと龍平さ、こういうのあるんだけど』(というと松田は)『またさ、山田はすぐそうやってさ』みたいな」と真似してみせる。

さらに山田は「仕事の話とかって『(山田は)プロデューサーとかやるからさ。俺は山田と芝居がしたいんだよ』。たまにそういうの入れてくるんですよ!『おおっ!芝居がしたいんだ』(と思う)」と目を輝かせ、「それでまた(ハートを)グッとつかまれる」という上田に「否定しつつちょっとつまんでくるんです」と話していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ