綾瀬はるか×西島秀俊、劇場版『奥様は、取り扱い注意』新カット12点 ドラマ再放送もスタート

 女優の綾瀬はるかと俳優の西島秀俊が夫婦役を演じる、テレビドラマの劇場版『奥様は、取り扱い注意』より、映画の内容に迫る12点の場面写真が到着した。また映画化を記念して、2017年10月期に放送された連続ドラマが本日深夜より再放送されることも決まった。

綾瀬が連続ドラマでは初となる主婦役に挑んだ本作。元スゴ腕の特殊工作員で、現在はセレブな専業主婦の伊佐山菜美(綾瀬)が、正体を隠しながら主婦たちが抱えるさまざまなトラブルを解決していく姿を描き、平均視聴率12.7%、最高視聴率14.5%を記録した。

劇場版では最終回から半年後を舞台に、菜美は記憶喪失になっており、伊佐山夫婦は桜井久実(=菜美)と桜井裕司(=勇輝)に名前を変え、地方都市の珠海市で平穏な日常を過ごしているが、次第に国家を揺るがす事件に巻き込まれていくというストーリーが描かれる。

キャストは、ドラマに続き菜美を綾瀬、公安のエリートであることを隠して菜美と結婚した夫・伊佐山勇輝を西島が演じ、新キャストとして、岡田健史、前田敦子、鈴木浩介、小日向文世、六平直政、佐野史郎、檀れい、鶴見辰吾が出演。監督は、映画『カイジ ファイナルゲーム』の佐藤東弥が務める。

今回到着したのは、菜美と勇輝を中心とした劇場版の場面写真12点。仲むつまじい夫婦の日常がわかるカットから、菜美と勇輝がお互いに銃を向け合う緊迫のシーンまで、2つの顔を持つ夫婦の姿が切り取られている。先日公開された予告編では、激しいアクションシーンや、菜美が「愛しているなら、殺して」と衝撃のフレーズを口にするシーンも登場。大幅にスケールアップした“最強奥様エンターテイメント”に期待が高まる。

劇場版『奥様は、取り扱い注意』は6月5日より全国公開。ドラマ第1話は日本テレビにて今夜26時4分より再放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ