青木崇高、東急ハンズが嫌いだった理由とは?『セブンルール』

4月7日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)は、多彩な品揃えで、利用者のニーズに応えるホームセンター・東急ハンズの2019年11月にオープンしたばかりの渋谷スクランブルスクエア店で、グループリーダーを務めるの末廣三知代のセブンルールに迫る。

同番組は、テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高、本谷有希子、YOU、若林正恭(オードリー)。ナレーションは、小野賢章が務める。

末廣は接客や商品陳列はもちろん、人材育成、新商品の買い付けまで任されている、売り場づくりのスペシャリスト。彼女がアナログな「売り場づくり」にこだわる理由とは?

末廣が“物を売る”ことに目覚めたのは、高校時代。球技大会で必要なゼッケンを忘れてきた生徒たちに1枚30円でゼッケンを販売したことがきっかけだった。末廣は「1000円以上売り上げた。売れる楽しみを知った瞬間です」と語る。大学に進学後、一時は教職を目指したが、生活に密着した物を売る仕事に魅力を感じて東急ハンズに就職。入社1年目から、家具や建具の足回りの売り場を担当、その後も懐中電灯、金具、郵便受けなど、意外な物が売れる楽しさを味わう毎日だった。

その後、管理部門への異動を言い渡され、一時は退職も考えるほど悩んだという。しかし7年後、念願叶って再び売り場の担当に復帰すると、「盆栽とカフェ」という異色のコラボ企画を実施し、店舗の売上記録を3度も更新した。

そんな末廣が月に一度、東京から8時間もかけて向かう先は、母・哲美さんが暮らす実家だ。彼女がここを訪れる理由、そして母から学び今も役立っている、ある感覚とは? ネットショッピング全盛の今、リアル店舗での販売を追求する末廣のセブンルールに迫る。

スジタオでは、「東急ハンズが嫌いだった!」と珍しくネガティブな発言をする青木。しかし、その理由を聞いた若林が「それ一番の称賛ですよね?」と話し、スタジオでは笑いが起こる。また、ネット通販と違い、実店舗では「どうしても買ってしまう」とスタジオメンバーが口を揃える理由とは?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ