キスマイ横尾、東国原英夫、梅沢富美男らが激突!俳句タイトル戦「春光戦」がついに決勝

4月9日に放送される『プレバト!!』(MBS・TBS系、毎週木曜19:00~)は、春の3時間スペシャル。「俳句タイトル戦 2020春光戦」「春の水彩画コンクール2020」「着物リメイクの才能ランキング」「スプレーアートの才能ランキング」の4本が放送される。

浜田雅功(ダウンタウン)のMCで芸能人の隠れた才能を専門家が査定しランキング形式で発表する知的エンターテインメント番組。

春の俳句頂上決戦「春光戦」はついに決勝。前回のタイトル戦で決勝へのシード権を得たKis-My-Ft2・横尾渉(前回1位)、10段の東国原英夫(前回2位)、10段のフルーツポンチ・村上健志(前回3位)、10段の梅沢富美男(前回4位)の4人が、予選で勝ち上がってきた実力者6人と激突し、計10人で戦う。

予選を突破し、決勝進出を決めたのは、FUJIWARA・藤本敏史(10段)、中田喜子(4段)、Kis-My-Ft2・千賀健永(初段)、千原ジュニア(初段)、岩永徹也(2級)、鈴木光(4級)の6人。岩永はこれまであと一歩というところで決勝進出を逃してきたが、今回初めて予選を突破し決勝に参戦。「名人を何人か倒したいですね!」と意気込む。そして、藤本も名人10段としてのプライドをかけ、気合十分で臨む。

夏井いつき先生から出題されたお題は「不動産屋さん」。春光戦の決勝にふさわしいハイレベルなお題にどんな句で挑むのか。実力者が集結しているだけにわずかな取りこぼしがランキングを左右する厳しい査定となる。大波乱の戦いを制し、“春の俳句王”に輝くのはいったい誰なのか!?

水彩画のタイトル戦「春の水彩画コンクール2020」には、今回唯一の名人で初段のしずちゃん(南海キャンディーズ)、特待生の土屋アンナ(2級)、田中道子(3級)、辻元舞(4級)、小倉久寛(5級)、アンミカ(5級)、白石糸(5級)が参戦。先生から出されたお題をくじ引きで選び、思い思いの構図で水彩画を描く。査定するのは水彩画の魔術師こと野村重存先生。「これは傑作じゃないですかね」「素人じゃないね」と大絶賛の嵐となる。

さらに、編み物や裁縫が得意な芸能人を集め、着物をリメイクしその作品の出来栄えを競う「着物リメイクの才能ランキング」では、1枚の着物から子供用の服をつくりコーディネートしてもらう。以前「テディベア査定」で意外な手先の器用さを披露した那須川天心や手芸を趣味とする光浦靖子、俳句や消しゴムはんこ、油絵の査定で才能アリ1位を獲得した宮尾俊太郎、普段から洋服をリメイクしているというアンジェラ佐藤や短大の服飾科を卒業しているというモデルの田中美保が挑戦する。

そして、新企画「スプレーアートの才能ランキング」が始動。町の商店街の協力を得て、シャッターにカラースプレーのみを使って作品を制作し、その出来栄えを査定してもらう査定となる。この企画には、消しゴムはんこや絵手紙などの芸術査定で名人・特待生の座を獲得している千原ジュニア、鈴木砂羽、くっきー!(野性爆弾)、大学で油絵を学んでいるというジャニーズきってのアートセンスの持ち主・7 MEN 侍の中村嶺亜が登場する。果たしてどんな作品が生まれるのか?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ