ボロボロのラブホに入り…ロマンチックとはほど遠いと思った彼氏の行動

fumumu

2020/4/7 10:00

落ち込む女性(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
彼氏がロマンチックな演出をしてくれると、とてもうれしいものです。しかしあまり気が利かずに、ロマンチックとはほど遠い行動を取る男性もいるようです。

■「ロマンチックな経験あり」4割近く


fumumu編集部では全国10~60代の男女1,789名を対象に、ロマンチックな経験をしたことがあるか、調査を実施しました。

ロマンチックな経験をしたことがあるグラフ

「したことがある」と答えた人は、全体で38.4%でした。

fumumu取材班は女性達に、ロマンチックとはほど遠いと思った彼氏の行動について話を聞きました。


関連記事:一緒ならどんな場所でも楽しめ…なかった! 女子がツラかったデート

(1)価格だけ重視のラブホ選び


「彼氏がラブホを選ぶときには、とにかく価格重視なんです。たとえそのホテルが古くて清潔感がなさそうであっても、価格が安いならそこに入ります。


私はせめてもう少しきれいなところがいいと思うのですが、こういうのに意見するのも恥ずかしいと思ってしまうんです。


男女間の意識差なんでしょうけれど、なんだか雑にあつかわれている感じもしてしまいますね」(20代・女性)

(2)誕生日プレゼントに電子レンジ


「誕生日の少し前に、家の電子レンジが壊れてしまいました。それを聞いた彼氏が、『それじゃあ、誕生日プレゼントに買ってあげる』と言ってくれたんです。


電子レンジを買ってくれて、私もとても助かりました。ただとても助かったのですが、誕生日プレゼントとしてはあまり適切ではないかもしれません。


友達に話したら、『なんで、そんなに実用的なものなの?』って言われましたし」(20代・女性)

(3)パチンコデート


「彼氏は、趣味がパチンコと言うほどの人です。私にもパチンコのよさを知ってもらいたいのか、たまにパチンコ屋でデートするときもあります。


ただ何度連れてきてもらっても、私にはパチンコの楽しさがわかりません。ただ彼氏は一緒にパチンコをできるのがうれしいみたいなので、仕方なく付き合っています。


たまにはもう少し、おしゃれなデートもしたいですね」(20代・女性)


慣れていないところが、かわいく思える人もいるかもしれませんね。

・合わせて読みたい→恋人を褒められても否定してない? 下げ発言のデメリットとは

(文/fumumu編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ