“夫婦でやる副業”なら何が稼げる?プロが教えるコツ

女子SPA!

2020/4/7 08:47

 マイナス成長が続く日本。もはや、単身で老後までの資金を稼ぎ続けるのは苦しい状況に。その中で注目されつつあるのが、協力して副業で稼ぐ夫婦たちの存在だ。最新の「夫婦で稼ぐ」事情を徹底取材! 一家団結で令和を生き抜く新たな稼ぎ方に迫る。

◆「夫婦」を武器に稼ぐ副業のポイント

収入アップが見込めるだけでなく、パートナーとの関係も深める夫婦での副業。成功させるには、3つのポイントがある。

第一が「いきなり高収入を狙わず、地道に続けること」だ。経済評論家の加谷珪一氏はこうアドバイスする。

「たとえわずかな金額でも、まずは夫婦で力を合わせて、勤務先に頼らない収入を得る経験を積み重ねていくのが大切。当面は月2万円程度を目標にしましょう」

副業アカデミー代表の小林昌裕氏も、「夫婦で目標を設定し、毎日コツコツと継続して」と話す。

「なんのスキルもないから、と最初からあきらめる人がいますが、本気になれば副業で稼ぐのは誰にでもできます。はじめは皆が初心者であり、毎日継続することでスキルは着実に向上し、収入も上向いてくるのです」

ブログでスモールスタートし、利益が数百円のときもくじけず続けたことで、立派な収益源へと成長させた「いちまろ夫婦」のケースは、この成功例といえる。

◆スキルと趣味を掛け合わせることが重要

第二のポイントは、「すでに持っている夫婦のスキルや、あるいは趣味を生かせる分野を選び、掛け合わせること」だ。

「ECサイトで鉱物を販売する吉岡さん夫妻のように、夫が趣味を生かして仕入れて加工し、妻が販売という本業を生かしてサイトや売り上げ管理するのは、まさに理想的な組み合わせです」(複業専門家の西村創一朗氏)

また、西村氏は「必ずしもスキルや強みがなくても、興味や意欲がある分野なら積極的にチャレンジすべき」と言う。

「本業では経験できない分野に挑めるのが副業のメリット。収入になるまで多少時間がかかっても、本業では得られない人脈やスキルを積み上げることで、本業での評価アップや転職、独立に繋がる例も多くあります。ただ、夫婦の強みや興味を組み合わせる余地がなさそうな場合もあるでしょう。そんなときは、それぞれが別の副業にチャレンジしてもOKです。興味が異なるなら同じ仕事にこだわる必要はありません。

副業はすぐには軌道に乗らないし、孤独を感じやすいもの。一人なら心が折れてしまう局面でも、夫婦で励まし合えば乗り越えられるでしょう。それぞれの仕事に関連がなくても、副業ノウハウには共通するものも多く、家庭に情報交換相手がいることは大きな強みです。特に近しい業種であれば互いに有益なアドバイスもできるので、夫婦で取り組むメリットはより大きくなります」

だが、夫婦はお互い遠慮がないので、些細なことで喧嘩になる事態も。そこで第三のポイントとして、小林氏は「パートナーに過剰な期待をせず、押しつけにならないようにすること」を挙げる。

「もともと副業は一人でやる人が多いのだから、夫婦で共有できていることに感謝し、自分が率先して取り組みましょう。そうすることで相手にも感謝の気持ちが生まれ、仕事もコミュニケーションもスムーズに進みます」

◆初心者でも始めやすい夫婦でできる副業とは?

では、具体的にどんな仕事が夫婦副業に向いているのか。加谷氏は、クラウドソーシングやブログなど、始めるハードルが低いものがいいという。

「まずは収入より、夫婦の会話を増やして経済リテラシーを高めるのが第一ステップ。これらの仕事は報酬は低いが、特別なスキルがなくてもできるので、手始めに向いています。会社勤めしか経験のない人にとっては、これだけでもかなりビジネススキルが向上します。多くがインターネットで完結するので、自宅でコミュニケーションしながら取り組めるのがいい」

西村氏は、手作り品の販売など、ネットショップ運営を挙げる。

「リアル店舗は資金も時間も必要ですが、ネットショップなら無料で即時開設できるサービスもあり手軽です。講座やノウハウを売るだけなら原価もかからないので、まずはアカウントをつくってみてどんな商品を売ったらいいかを夫婦でワイワイ話し合ってみるだけでも楽しいものです」

◆メルカリやミステリーショッパーがおすすめ

売れる商品など作れないという人でも大丈夫。小林氏は、既製品を仕入れてメルカリで販売する方法を紹介する。

「中国の安価なネットショップから商品を仕入れて、メルカリで転売するビジネスなら、一日1時間程度続けられれば月5万~10万円程度は稼げるようになります。トレンドに敏感な妻が仕入れと出品を担当し、夫が梱包と発送を担うなど、分担もしやすい」

「いきなりビジネスを始める勇気がない」という人にも、チャレンジしやすい副業はある。飲食店などの覆面調査、いわゆるミステリーショッパーだ。

「客を装って入店し、料理の味やサービスなどの評価をリポートにまとめる仕事です。飲食代は支給され、夫婦でタダの食事を楽しみながら1万円程度の収入が期待できるので、入門にはピッタリ。『ミステリーショッピングリサーチ』というサイトは、数多くの大手チェーン店が参加しており、謝礼も現金でもらえる場合が多いのでおすすめです」(小林氏)

「夫婦」での副業は老後の資金不足を解決する大きな武器になる。自分たちに適した方法で明るい未来を掴み取れ!

◆▼夫婦で副業の極意

◎いきなり高収入を狙わず小さくスタートし、継続を第一とする

◎それぞれが持っているスキルや強み、趣味や関心を生かす

◎パートナーに過度な期待はせず、感謝とリスペクトを忘れない

◆▼プロが勧める、夫婦で始めやすい副業3選

◎クラウドソーシング系

ライティングやデータ入力など。リスクが低く、特別なスキルも要らない。地味な作業も夫婦交代でやったり分担したりすれば捗る(加谷氏)

◎ネットショップ開業

「STORES」のようなWebサービスを使えば初期費用ゼロでサイトデザインもショップ運営もできる。商品企画から発送まで夫婦でやれば楽しくスムーズに作業が進むはず(西村氏)

◎ミステリーショッパー(飲食店等の覆面調査)

一人では入りづらい店も夫婦だと比較的容易に。デート感覚も楽しめる。大手も参加するサイト「ミステリーショッピングリサーチ」がおすすめ(小林氏)

【副業アカデミー代表・小林昌裕氏】

’09年に副業で不動産経営を開始したのを機に20あまりの副業を実践、年間収益が1億円を超える。現在は副業を教える「副業アカデミー」を運営

【経済評論家・加谷珪一氏】

日経BP社、投資ファンド運用会社を経て独立。メディア連載などのほか、億単位を運用する投資家の側面も。近著に『日本はもはや「後進国」』

【複業専門家・西村創一朗氏】

リクルートキャリア在職中に副業としてHARESを創業、働き方改革の専門家として個人・企業向けにコンサルティングを行う。著書に『複業の教科書』

取材・文/高島昌俊 森田悦子 栗林 篤 伊藤 綾 つまみ具依 南ハトバ 撮影/赤木瞬介 水野谷維紀 イラスト/市橋俊介 撮影協力/THE CALIF KITCHEN OKINAWA

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ