コロナの医療崩壊からHIV感染者を守れ! エルトン・ジョンが緊急基金立ち上げ、1億円超を寄付

英出身歌手のエルトン・ジョンが現地時間4日、自身の「エルトン・ジョン・エイズ財団(Elton John AIDS Foundation)」より「COVID-19 緊急基金」をローンチし、100万ドル(約1億1000万円)を寄付することを発表した。

先月29日、米『FOX』で放送されたチャリティーコンサート「リビングルーム・コンサート・フォー・アメリカ」でホストを務めたエルトン・ジョン。マライア・キャリー、ビリー・アイリッシュ、アリシア・キーズ、バックストリート・ボーイズ、カミラ・カベロらといった錚々たるシンガー達が自宅待機中のリビングからヒット曲を熱唱するという斬新な試みが注目を集め、同番組は視聴者数870万人を記録。米チャリティー団体「Feeding America」「First Responders Children’s Foundation」には、合計1000万ドル(約11億円)の寄付金が集まった。

医療従事者や日々の生活を支える様々なサービスを提供する人々に感謝の気持ちを伝えるため、また新型コロナウイルス感染者を励ますため、音楽で人々の心を癒そうと一肌脱いだエルトンが、今回はHIV感染者およびAIDS患者を守るために立ち上がった。エルトンは世界中で新型コロナウイルスが蔓延し、各地で医療崩壊が懸念されるなか、HIV/AIDS支援組織が患者への滞りないケアの提供に尽力できるよう、自身のチャリティー団体「エルトン・ジョン・エイズ財団(Elton John AIDS Foundation、EJAF)」から「COVID-19 緊急基金」をローンチし、100万ドル(約1億1000万円)を寄付することを発表した。

1992年に米国で、1993年に英国でそれぞれ「エルトン・ジョン・エイズ財団」を設立し、以来30年近くにわたりHIVの感染予防やHIV/AIDSに関する教育プログラム、そしてサポートサービスなどを提供してきたエルトン。そんな彼が現地時間4日に動画を公開し、

「薬の流通や検査、予防治療などは数週間前のようにスムーズには行えなくなってきています。」

とパンデミックによるHIV感染予防や社会的弱者コミュニティーケアへの影響に言及、そしてHIV/AIDS治療の最前線に立つ支援組織がそのような状況にしっかり対処していけるよう、この緊急基金をローンチしたことを明かした。

動画の最後には

「活動の手を休めることはできません。そうなればHIVや他の感染症を患う人々にとって、実に悲惨な結果を招くことにもなりかねないのです。」

「我々はあなた達に寄り添い、あなた達を思っています。誰一人として置き去りにしたりはしません。」

と力強く語りかけるエルトンの姿が印象的であった。

世界が新型コロナウイルスに翻弄され、様々な問題が浮き彫りになるなか、歌で人々の“コロナ疲れ”を癒したり、HIV感染者やAIDS患者に寄り添おうとするエルトン・ジョンの姿には、「まさに神」「尊敬しかない」といった称賛の声が多数寄せられている。



画像は『Elton John 2020年4月4日付Instagram「Today, I’m proud to announce that my Foundation @EJAF is launching a $1million COVID-19 Emergency Fund to make sure that our frontline partners can respond to the effects of COVID-19 on HIV care for the most marginalised communities around the world.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ