木村拓哉“病的な立ち姿”に心配の声…「頬がコケて…」「ヤバくね?」

まいじつ

2020/4/6 10:32

木村拓哉 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

4月2日放送の『徹子の部屋 45年目突入SP』(テレビ朝日系)に出演した木村拓哉に対し、視聴者から「激痩せした」と心配の声が続出している。

木村は4月16日スタートの主演ドラマ『BG~身辺警護人~』(同系)の番宣として、当時に面識はなかったものの、高校時代に数カ月だけ同級生だったマツコ・デラックスとともにゲスト出演。黒柳徹子いわく「社長が友達」という帝国ホテルにて、過去の『徹子の部屋』を振り返ったり、ホテルの裏側を見ていくこととなった。

木村は徹子への花束を携えて登場し、その後はマツコと並んで着席。しかし、木村は頬がコケたような印象で、肩幅も少し狭まっているように見える。大柄なマツコとの対比で小柄に見えるだけかと思われたが、過去の出演VTRが流れると、以前の木村と比較しても痩せたことが明白に。その後は立ち姿となり、隣接する帝国ホテルプラザ内のショップが出張した企画が行われたが、全身のシルエットも細身になっていた。

役作り? 病気?


その変貌ぶりは視聴者をザワつかせ、ネット上には、

《キムタクすごい痩せたよね。 役作り?? 体調大丈夫なのかな》
《ん? キムタク病気? 病的な痩せ方してる》
《キムタク、お痩せになりました? めちゃくちゃ華奢に見える…何で?》
《割とマジで気になってるんだけど、キムタク病気とかじゃないよね? 痩せ方やばくね?》
《ギラギラしてないっていうか、疲れきってるっていうか、らしくない》
《キムタク痩せたよなー グランメゾンよりさらに絞った感》

などと、木村の体調を案ずる声が…。病気やドラマの役作りなど、痩せた原因を巡ってさまざまな憶測が飛んでいる。

「『BG』はアクションシーンを伴う作品ですから、撮影に備えて身軽に動ける体型づくりをしているのでしょう。しかし、木村は何をしてもたたかれる宿命ですから、精神が不安定になり、逃避のためナニカに手を出したのかもしれません」(週刊誌記者)

年齢を考えるとガタが来てもおかしくはないが、無事に健康でい続けてほしいものだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ