「#再放送希望ドラマ」リクエスト多数は『流星の絆』 傑作ドラマの放出に期待!

wezzy


 新型コロナ感染症の拡大防止のため、TBSはドラマおよびバラエティー番組の収録を、ロケ・スタジオ問わず、今月4日から19日にかけて見合わせると発表した。

テレビ番組の収録には、多くの出演者・スタッフが関わる。それだけの大人数が一カ所に集まれば感染拡大のリスクが生じることは必然で、TBSの決断には賛同の声が集まっている。

TBSはすでに、4日放送予定だった『オールスター感謝祭2020春』と、4月クールのドラマ『半沢直樹』『私の家政夫ナギサさん』『MIU404』3作品の初回放送日を延期すると発表。収録見合わせの決断により、これら以外のドラマやバラエティー番組の放送日程も変わってくるかもしれない。

TBSでは、当初予定していたドラマ放送時間に、新ドラマ主演陣の過去作品や関連ドラマの再放送を行う。10日の『MIU404』初回放送は、同じく綾野剛と星野源が出演する『コウノドリ』の傑作選。19日の『半沢直樹』新シリーズ初回放送日は同じ池井戸潤原作の『下町ロケット』の総集編を放送予定だ。

14日の『私の家政夫ナギサさん』放送開始日になにが放送されるかは未定だが、多部未華子出演のTBSドラマということで『仰げば尊し』が放送されるのではないかと見る向きが強い。他では『山田太郎ものがたり』が有力か。

しかし日本国内における新型コロナウイルスの感染拡大が4月中旬にはおさまる、と言える根拠は現状どこにもなく、収録見合わせ期間がさらに延びる可能性は高い。ただ、たとえそうなったとしても、ドラマやバラエティ、ドキュメンタリーなど、テレビには良質なコンテンツが豊富にあるだろう。

ツイッターでは「#再放送希望ドラマ」なるハッシュタグが話題となっている。ユーザーは投稿にハッシュタグを添え各々思い出のドラマをあげているのだが、特に多く上がっているのは『流星の絆』(2008年)、『ごめんね青春!』(2017年)、『池袋ウエストゲートパーク』(2000年)、『木更津キャッツアイ』(2002年)、『ドラゴン桜』(2005年)、『タイガー&ドラゴン』(2005年)、『花より男子』(2005年、第2シーズンは2007年)、『カルテット』(2017年)、『アンナチュラル』(2018年)などだ。

TBSに限らず、日本テレビやフジテレビなどの名作ドラマをあげる投稿も増えつつある。またNHKは『エール』『麒麟がくる』の収録を休止し、テレビ東京も番組収録の原則中断を発表した。こうした流れは他のテレビ局にも広がっていくだろう。

当記事はwezzyの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ