1位は『アナ雪』! 動画配信アプリ「ディズニーシアター」が人気視聴者数Top15を発表!

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、ディズニー公式動画配信サービス『ディズニーデラックス』が3月26日にサービス開始1周年を迎えたことを記念して、動画配信アプリ「Disney THEATER (ディズニーシアター)」内で見放題となっている全作品を対象とした、サービス開始以来の人気視聴者数ランキング(集計期間 2019/3/26~2020/3/15・ディズニーシアター内視聴者数に基づく)をディズニーが持つ4つのブランドである、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズマーベルごとに4週連続で発表。第二弾となる今週は、ディズニー作品の視聴者数ランキングTop15を紹介する。

■1位から5位:『アナと雪の女王』から時代を超えて愛され続ける名作までランクイン!
アナと雪の女王
視聴者数第1位に輝いたのは、『アナと雪の女王』。”真実の愛”や”家族の絆”といった普遍のテーマと、社会現象にまで発展したテーマ曲『レット・イット・ゴー~ありのままで~』は、公開から6年が経った今でもなお多くの人の心を捉え続けていることが改めてわかる結果となった。さらに、昨年11月に公開され、再びメガヒットを記録した 続編の『アナと雪の女王2』が4月22日(水)よりディズニーデラックスにて期間限定でレンタル配信開始 。この機会に、あわせて楽しもう!

モアナと伝説の海
第2位にランクインしたのは、 雄大で神秘に満ちた自然の中で少女モアナが多くの試練を乗り越え成長していく冒険を圧巻の音楽とともに描いた『モアナと伝説の海』。見るたびに新たな発見や感動があるアドベンチャー作品だ。

アナと雪の女王 エルサのサプライズ
続いて第3位には『アナと雪の女王』のその後を描いた短編作品『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』が登場。本作で初登場する小さな雪だるまたち・スノーギーズやエルサのユーモラスな一面も楽しめ、”アナ雪”ファンならずとも見逃せない作品となっている。

リトル・マーメイド
アラジン
第4位には『リトル・マーメイド』、第5位にはディズニーデラックスにて実写版も配信開始となった『アラジン』(アニメーション映画)という、時代を超えて愛され続ける名作がランクイン。アニメーション版と実写版を見比べるのもおすすめだ。
昨年9月に発表された一般投票による「Disney DELUXE 作品愛アワード2019 Supported by JCB」でも『アラジン』は1位、『リトル・マーメイド』は3位だったが、同アワードで2位だった名作アニメーション『美女と野獣』が今回なんとTOP15作品に入らず! という大波乱も!

■続く第6位~第15位:ディズニーデラックスならではのバラエティ豊かなラインナップ
アナと雪の女王/家族の思い出
ラプンツェルのウェディング
続いて6位に『アナと雪の女王/家族の思い出』と12位に『ラプンツェルのウェディング』といった短編作品がランクイン。こちらも長編作品の”気になるその後”が描かれている上、 長編本編とは一味違ったコミカルなミュージカルシーンも楽しめる作品となっており、人気作品の関連作品が見放題となっているディズニーデラックスならではの結果となった。

シュガー・ラッシュ:オンライン
また、『シュガー・ラッシュ:オンライン』が9位にランクインしているのも注目だ。
インターネットの世界で冒険を繰り広げる物語の本作には、14人のディズニープリンセスが登場するほか、C-3POやバズ・ライトイヤー、アイアンマンといったディズニーだからこそ成しえる豪華キャラクター達が随所に登場することでも知られており、登場キャラクターを探すのも一興だ。

美女と野獣
プーと大人になった僕
マレフィセント
その他、ディズニー不朽の名作を完全実写化した『美女と野獣』も11位にランクイン。そして、14位にユアン・マクレガーが主演を務め、『くまのプーさん』のその後を描いた『プーと大人になった僕』や15位にアンジェリーナ・ジョリー演じる『眠れる森の美女』に登場する悪い妖精『マレフィセント』といった、本来の主人公ではないキャラクターにスポットを当てた実写映画もラインクインし、バラエティ豊かな作品が勢ぞろいした結果となった。

ランキング1位~5位
ランキング6位~10位
ランキング11位~15位

人気のあのアニメーション作品から実写作品、人気映画の短編作品まで、ディズニー作品が見放題の『ディズニーデラックス』。トップ15作品はもちろん、あなただけのお気に入り作品を見つけて楽しんでみてはいかが?

(C)2020 Disney

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ