カミナリ、茨城ロケで県民性の残念さを実感「バカ正直」

※画像は、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』公式サイトのスクリーンショット

 

3月30日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)にお笑い芸人・カミナリの石田たくみと竹内まなぶがゲスト出演し、2人の出身地である茨城県のしくじりについてロケでのエピソードを語った。

 

希少な特産品があるにも関わらず地元民は……

 

都道府県魅力度ランキング最下位の茨城県出身というカミナリ。県を背負ってPRに奮闘するも県民性によりそれが失敗に終わるという。そのひとつ、鹿嶋市でのロケについてたくみは「鹿嶋市は鹿島灘と言う漁港が有名な町なんですね。ハマグリの漁獲量が日本一。めちゃめちゃ新鮮なんです」と県の特産品について力説。するとまなぶも「新鮮なハマグリはなんと刺身で食べられるんです!」と魅力をアピール。一同が「えー!」と驚きの声をあげると、たくみが「みなさんハマグリって焼いて食べるしか思いつかないじゃないですか。なんと茨城のハマグリはお刺身で食べることができるという。すごい新鮮で美味しいですよ」と言い、まなぶも「ほんとに感じたことがないぐらい甘いんですよ」と一同を魅了。

 

すると、まなぶが「この鹿島灘で我々ロケに行くことになったんですよ。ゲストの方もいらっしゃって。で、そのハマグリを食べに行こうみたいなノリになったので、どうせならハマグリを刺身で食べるなんてゲストの方も知らないし、スタッフさんも知らないし、それを見た視聴者も知らない!茨城の魅力につながるから、どうせなら刺身で食べてもらおうと思って。で、僕たちも喋ったんですよ『刺身で食べられるんですよ』って。みんなも『わー!楽しみ!』って。スタッフさんも『おー!』とか言ってくれて」と盛り上がったのだとか。

 

まなぶは「地元の漁師の方がいらっしゃったので『すみません!ハマグリお刺身でお願いしまーす!』っていう風に言ったら、漁師さんは真顔で『焼いた方が美味しいけどな!』と言い放ちました」とバカ正直に返し県の魅力をアピールするチャンスを逃したのだとか。このガッカリエピソードに一同も「あ~あ」とカミナリに同情していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ