水川あさみ、バナナマン日村、オードリー若林…全員既婚者でバカリズム原案・脚本『住住』再始動

バカリズムが原案・脚本を務めた連続ドラマ『住住』(2017年1月期、日本テレビ系/Huluで先行配信)。このほど、前回出演していたバカリズム、若林正恭(オードリー)に加え、新キャストの日村勇紀(バナナマン)、水川あさみが“実名”参加し、4月18日(土)からオンライン動画配信サービスHuluで独占配信される。(※以降、毎週土曜に最新エピソードが配信/全6話)

『素敵な選TAXI』(2014年)や『黒い十人の女』(2016年)、劇場版も今年公開された『架空OL日記』(2017年)、『生田家の朝』(2018年)、『緑山家の朝』(2019年)といったドラマをはじめ、画期的な映像作品の脚本を次々と手掛け、お笑いだけに収まらない才能を発揮し続けているバカリズム。彼にとって間違いなく代表作のひとつに数えられるのが、原案・脚本を務めた連続ドラマ『住住』。

当時、バカリズムと二階堂ふみ、若林ら出演者が“実名”で出演し、マンションの一室で繰り広げたドキュメンタリーのような、フィクションのような……スレスレのラインで展開する日常的ドラマは、ゆるくてシュールな世界観でじわじわと視聴者を魅了! Huluでも同時期にオリジナルエディションが独占配信され、大好評を博した。

今回『住住』の舞台となるのは、2019年12月に電撃結婚して世間をあっと驚かせたバカリズムの自宅……ではなく、彼が執筆業のために別途借りている都内某マンションの一室――通称“作業場”。そんな聖域ともいえる“作業場”で、バカリズムがひとりデスクに向かっていると、日村や若林がふらりとやって来て、執筆の邪魔を開始。そんな中、近所に住む女優・水川も“作業場”に入り浸るようになり……!? 男女の垣根を超えた仲良し芸能人の“特に何も起こらない集まり”が繰り広げられていく。

しかも、今回はバカリズムだけでなく、出演者全員が既婚者! 日村は2018年に、若林と水川はバカリズムと同じ2019年に結婚。日常をテーマにしている作品だけに、結婚後のプライベートも想像しながら見られるなど、お楽しみ要素がさりげな~く盛りだくさんとなっている。

前作同様、原案およびメインライターを務めるバカリズムを中心に、妙にジワるやりとりをしれーっと展開していく『住住』。そんな中、新キャストの乱入で前回とは一味違う持ち味も加わり、新感覚ドラマは何気なく“新新”感覚ドラマへと進化することに!?

■出演者コメント
<原案&脚本・バカリズム コメント>
今回の『住住』では僕の仕事部屋を再現していて、置いてある物もほぼ同じなので、ある意味個人情報が丸出しです。日村さんとは20年以上の付き合いで、一緒に住んでいたこともあるので、こういう形で共演できる事に感動しています。ちなみに当時一緒に使っていた椅子が今でも僕の作業場にあって、その実物を今回セットに置いています。前回に引き続き若林さんも一緒で、今回はお互いが結婚した事もあり、多少空気感が変わるかと思っていましたが特に変わりはなく、相変わらず同じようなやりとりをしています。今回、新しく加わった水川さんはこれまで何度もご一緒させていただいていますが、普段から明るくてなによりゲラなのでいつも現場を楽しい空気にしてくれます。今回の『住住』も、特に派手な事は起こりませんが、リラックスした気持ちで見ていただけると嬉しいです。

<日村勇紀(バナナマン)コメント>
僕はバカリズムの公式お兄ちゃんなんですよ! 3年くらい一緒に住んでいたし、付き合いが長いんです。ヒデ(バカリズムの本名=升野英知)がお金ない時にうちで居候してたんで、作業場を持つ日が来るなんてびっくりです。前回から出演している若林(正恭)よりも、ヒデのことはよく知ってるので、負けたくないな(笑)。そういえば、出演者みんな結婚してるんですよね。実際も仲が良いメンバーが集まって、こういう作品ができるのは楽しいし、ヒデの仕事部屋でワンシチュエーションで撮影するのも面白いので、クスッと笑いながら観ていただければなと思います。

<水川あさみ コメント>
バカリさんの脚本のファンであり、『住住』のファンでもあるのでお話を頂いた時はとても嬉しかったです。バカリさんの脚本の作品には何度か参加させてもらっていますが、毎回楽しく演じています。今回も、こういう日常的になんでもない話やくだらないやりとりってするよなぁと何度も吹き出しました。ノンフィクションだけどフィクションというか、「これって演じてるの? どっちなの?」って思わせることができたら、ヨシッ! って感じですね(笑)。こんな日常の些細なことを延々とやるドラマって他にはないと思います! ぜひ気楽にのんびり楽しんでいただきたいです。

<第1話「20年後の日村」あらすじ>
バカリズムが借りている都内マンションの一室、通称“作業場”で執筆作業をしていると、バナナマン日村がやって来た。バカリズムの姿を見て、感慨深げな日村。というのもバカリズム、まだ売れていなかった20年前は、日村の家に居候している身だったのだ! おもむろに「あの頃のお前に会って『20年後は作業場持つまでになるからな』と教えてあげたい」と言い出す日村。その矢先、バカリズムのスマホに、近所に住む水川あさみから「今から顔出していいですか?」とのメッセージが届く。水川にOKの返事を出すバカリズム。ところがその直後、日村が慌てるシチェーションが発生し……!?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ