グルテンフリーの魔法のパン「クラウドブレッド」のサンドイッチと自然派ワインのお店が吉祥寺にオープン。

IGNITE


小麦粉を控えることで体調維持ができるとグルテンフリーな食事を心がけている人や、体重・体型が気になって低糖質ダイエットを実践している人にとって気になるのは「主食」。小麦粉を使ったパンも麺類もピザなども控えた方がいい。

そんな悩みを持つ人たちにとって「クラウドブレッド」はありがたい存在だ。卵、きび砂糖、クリームチーズ、ベーキングパウダーの4つの素材で作られる「クラウドブレッド」だが、なかなか外食で巡り会う機会がない。

そんなグルテンフリーの魔法のパン「クラウドブレッド」のサンドイッチと自然派ワインのお店が吉祥寺にオープンした。



グルテンフリーサンドイッチ×自然派ワインがテーマのサンドイッチ屋さん「MOCMO sandwiches(モクモ・サンドイッチズ)」

グルテンフリーのサンドイッチ

ミュージシャンである森大地(モリダイチ)、白水悠(シロミズユウ)が手掛ける「MOCMO sandwiches」は、埼玉・宮原にあるカフェラウンジ「bekkan(ベッカン)」の姉妹店だ。

店の場所は、「井の頭恩賜公園」や「ジブリの森美術館」と吉祥寺通りを挟んだ向かい側。吉祥寺駅からも井の頭公園を通って行くのいいし、三鷹駅から玉川上水沿いの「風の散歩道」を通って行くのいい。

両駅から徒歩圏内で、通りの向かい側は緑豊かな公園という場所柄を生かした店内は、開放的且つ落ち着きのある雰囲気が演出されている。小麦不使用の「クラウドブレッド」のグルテンフリーサンドイッチや、滋賀県にある日本産生葡萄100%使用の「日本ワイン」をろ過しないにごり酒スタイルで作っているヒトミワイナリーの自然派ワインを楽しめる。イートインメニューとしてスープやサラダなども用意されているそうだ。

SNS映えすること確実な「萌え断」も自慢

メニューは、イチボを使った自家製のローストビーフを贅沢に挟んだ「ローストビーフとハーブクリームチーズ」、サンドイッチとしては意表を突いた組み合わせながらも絶品の「サラダチキンのカオマンガイ風」「グリーンカレーポテサラ」、大人の味わいの「いちじくの赤ワイン煮 ブルーチーズ&キャラメルナッツ」など、個性豊かでヘルシーなラインナップ。

淡いピンクの桜から、緑が色濃くなって行くこれからの季節。窓外の公園を眺めながら、明るい自然光が差し込む店内でヘルシーなランチを楽しむのは至福の一時になりそうだ。



「MOCMO sandwiches(モクモサンドイッチズ)」

住所:東京都三鷹市下連雀1-17-4 GRATO井の頭公園1F/営業時間:10:00~17:00

公式サイト: http://mocmo.kilk.jp



(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ