中居正広、退所会見の裏話暴露「前の週にロケハン」

※画像は、『中居正広の【悲報】館』公式サイトのスクリーンショット

 

3月29日放送の『中居正広の【悲報】館 第2弾』(日本テレビ系)で、中居正広が先月開催したジャニーズ事務所退所会見の裏話を披露し、会場の準備を整えてくれたというスタッフとのやり取りを楽しげに語った。

 

照明やテーブル配置まで細かく指示

 

山里亮太が「例の会見の後、何か変わったことってあるんですか?」と聞くと中居は「なんも変わってないんですよね~」とアッサリ。千鳥のノブは「すごい楽しい会見でしたよねぇ」と感心し、「1人でやるつもりでしたから」という中居に「マジすか!」と驚く。中居は「本当に誰もいなかったんで」と話し、山里が「だって前説からやってましたもんね。(場の雰囲気)あっためて」というと「ちょっと作る感じだったんですよ。だから変な話ですけど、会見の前までやっぱり漏れてはいけないので、会場『テレビサイズの番組の収録の前でやりましょうか』って言ってて、前の週かなんかにロケハンみたいのして」と明かす。

 

続いて中居は「ライブほどじゃないけども『灯りを作っていただけませんか』って(依頼した)」と話し、「会見ってちょっと無機質というか、フラッシュの白となんか黒みたいのでちょっと堅いのよ、なんか今までの会見。だから『横からオレンジ(の照明)を2つくらい置いておいてもらえませんか』。ちょっとあったかくなる色が」と説明。中居は「そしたら本番当日行ったら、テレ朝の美術さんが(照明を)上に吊っててくれて」と続け、「『やりましたよ中居さん!吊りましたよ!』とか言って。(それを見て)『あーほんと!ありがとー!』」と楽しげに再現してみせた。

 

さらに中居は「テーブルがあって、その前にちょっとこんな感じで(空間があったが)ココが90(cm)しかなかったのかな。コレもうちょっとほしかった。(スタッフに)『机の前でちょっとやりたいことがあるんですけど』」と話し、「すご!」「コントライブやん!」と驚愕する山里とノブに「『テーブルがこうなってるとアレなんで180(cm)にしてくれますか?』って言ったら当日やってくれた」とスタッフの仕事ぶりを明かしていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ