戸塚純貴、芸能界に興味がなかった岩手男子が若きバイプレイヤーになるまで 主演作『ケアニン~あなたでよかった~』インタビュー

2017年の劇場公開後、今なお各地の劇場で公開され、上映会も国内外で1,300回超えの映画『ケアニン~あなたでよかった~』。その待望の新作となる『ケアニン~こころに咲く花~』が、3年ぶりに公開となります。

“ケアニン”とは<介護、看護、医療、リハビリなど、人の「ケア」に関わり、自らの仕事に誇りと愛情、情熱を持って働いている全ての人>のことで、主人公の大森圭を演じる戸塚純貴さんも、「どんな人でもケアニンになれると思うんです」と熱く語ります。今回、戸塚さんには、映画のこと、介護というテーマのことをはじめ、俳優という仕事のこと、趣味の話など、いろいろとうかがいました!

戸塚純貴

 

−−ケアニンという言葉も含めて題材的になじみが薄かったのですが、映画を観てイメージがガラリと変わりました。

戸塚純貴さん:僕自身もそうでした。介護に対してまったく知識もなかったですし、イメージで言うと、もっと閉鎖的でかたいイメージがあったのですが、実際の現場に行ってみると、驚くことばかりでした。

そもそもケアニンとは、介護資格を持っている人という意味ではないので、どんな人でもケアニンになれると思うんです。映画を通じてケアニンの輪がどんどんと広まっていってくれればと思いますので、ぜひ観てほしい作品です。

ケアニン戸塚純貴

 

−−撮影の参考などで、実際の施設にも行かれたことがあるそうですね。

戸塚さん:そうですね。第1弾でモデルとなった老人ホームに遊びに行った際、職員さんが制服を着ていなかったんですよ。だから見た目は利用者と職員さんの区別がつかず、すごくアットホームな空間があって、みなさん楽しく過ごされていました。

料理も自分たちでしたり、編みものもしたり、片付けも食事を配膳する際も、全部自分たちでやっていて。そういうことは、まったく知らなかったですね。そのホームは特殊で新しい介護施設の形ですが、衝撃的ではありましたね。

ケアニン戸塚純貴

 

−−そして今作では、また違うタイプの施設が舞台となっていますよね。

戸塚さん:第2弾では特別養護介護老人ホーム形態なので、これが全国でいちばん多い形態なんです。いわゆる“特養”です。それは何が違うかというと、利用者さんの人数が非常に多いんです。要介護レベルの利用者さんがたくさんいらっしゃる。ひとりひとりに向き合わないといけないけれど、現実的な問題もあり、そうすると上手く回らなかったりする。

本作では、そこを皆さんに伝えたい、知ってほしいことがたくさんあります。

 

−−どのように役作りをしましたか?

戸塚さん:老人ホームを実際にお借りして撮影をしていたのですが、撮影期間中はその地域のほうにいたいなと思ったので、ホテルの部屋を借りて家に帰らなかったんです。ロケ地の近くのホテルと現場を往復していました。

ケアニン戸塚純貴

 

−−そういうタイプなのですか?

戸塚さん:毎回というわけではありません。でも必要であれば、そうしたいとは思っています。第2弾ということで集中したかったので現地に泊まっていたのですが、実は監督もたまたま同じホテルに泊まっていたんですよ。そこで朝食を一緒に食べ、監督の車で撮影現場へ向かい、終わると監督と夕食を食べ、ホテルに戻って、併設のカフェで反省会をする。こういうこと、なかなかないような環境だと思うので、ありがたかったです。

 

−−自然な表情や表現が印象的でしたが、デビューの頃と現在を比べて意識に差はありますか?

戸塚さん:僕はもともと俳優を目指していた人ではなかったんですよね。高校卒業してから地元が岩手なので、そこで就職しようと思っていました。東京に来るとか、芸能界に行くつもりもまったくなかった。ジュノン・スーパーボーイ・コンテストというタイミングもあったりして、この仕事をやることになったのですが、その時は意識が低かったかもしれないですね。

 

−−何か転機があったのですか?

戸塚さん:コメディ、喜劇が好きなんです。意識としてそういうことをやり続けていましたが、なかなか認められないなかで福田雄一監督が見つけてくださって、作品に呼んでいただけるようになって、それまで自分でも消極的になっていた表現を、すごく面白がってくれました。福田監督に出会ってからは、俳優の意識が変わりましたね。

戸塚純貴

 

−−話は変わりますが、オフの趣味はありますか?

戸塚さん:お芝居していない時は何もしていないので、生きている時が役者やっている時です。サウナとか行っていますね。地方ロケに行くと、必ずサウナを探します。ロケ場所の近くにあるかどうか、行けなかった時はすごくショックですね。

 

−−サウナ人気はすごいですよね。

戸塚さん:そうですね。好きで週3くらいで行っています。こだわりもありますよね。みなさんそれぞれの入り方がある。あとは野球。小さいころから野球をやっていたので、草野球のチームを組んでいます。あとはデアゴスティーニにもハマっています。サウナもデアゴスティーニも引退後の楽しみの世界みたいな感じがして、自分でもびっくりしていますが(笑)。

 

−−最後になりますが、映画を待っている方へメッセージをお願いします。

戸塚さん:第2弾は介護のテーマも濃くなっていて、実体や現状もよく描かれているので、それをみなさんに観てもらって、介護に対して考えるきっかけになってくれればいいなと思います。家族などいろいろな目線から共感できる要素がたくさんつまっていると思うので、ぜひケアニンという映画を観て、いろいろと持ち帰ってみてほしいです。(取材・文・撮影=takashi.tokita_tokyo)

 

【作品情報】

ケアニン~こころに咲く花~

戸塚純貴

ケアニンの仕事を追求すべく、小規模施設から大型の特別養護老人ホームに転職した介護福祉士の大森圭。しかし、「多くの利 用者に対応するため」という目的の元に、効率やリスク管理を優先する運営方法に、大きな戸惑いを隠せないでいた。そんな中、 認知症の老婦人・美重子が入所してくる。美重子を自宅で介護してきた夫の達郎は、施設を信用できず、担当の圭にも厳しくあたる。それでも、友人の美容師を施設に呼んで美容サロンを開催するなど、美重子や利用者のために奔走する圭。しかし、その行動も職場のチームワークを乱していると上司や理事長から叱責されてしまう。そんな折、圭は達郎のある「願い」を知ることになる―。

出演:戸塚純貴、島かおり、小野寺昭、綿引勝彦、松本若菜、細田善彦、小市慢太郎 ほか
監督:鈴木浩介
原作:山国秀幸
配給:ユナイテッド エンタテインメント
(C)2020「ケアニン2」製作委員会

WRITER

  • takashi.tokita_tokyo
  •        

  • 「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。映画とディズニー(主にパーク関連)をメインによく取材しているが、パリとクルーズが未体験なことはナイショです。また、ディズニー好きが集まって、あることないことを語り尽くす無害なポッドキャスト「田組fm」が、SpotifyやApple Podcastなどで配信中。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ