アーロン・カーター、顔面に名前タトゥーまで入れた恋人とあっけなく破局 彼女のDV逮捕で

アーロン・カーターの恋人メラニー・マーティンさんが、アーロンに「暴力を振るった」として現地時間3月29日に逮捕された。事件の約3週間前には、アーロンが顔面にメラニーさんの名前タトゥーを彫り入れたばかり。順調な交際を報告した矢先のDV逮捕に、世間からは「交際相手の名前タトゥーなんて、そう気安く入れるもんじゃない」「人を見る目がなさすぎ」と被害者であるはずのアーロンへ非難の声が殺到している。

白人ラッパーのポスト・マローンや元祖スーパーモデルのシンディ・クロフォードの息子プレスリー・ガーバー同様、「バックストリート・ボーイズ」ニック・カーターの弟アーロン・カーターもフェイスタトゥー愛好家である。

そんなアーロンは昨年9月の巨大メドゥーサタトゥーに続き、3月には交際わずか数か月の恋人の名前を顔面に彫り入れ、世間を驚かせた。お相手のメラニー・マーティンさんにすっかり惚れ込んだアーロンは、

「これほど尽くしてくれる女性にこれまで出会ったことがない」

「きみは、僕がその存在すら知りえなかった“愛”というものを示してくれた」

と彼女を絶賛、1月から同棲を始めたことも明かしていた。先ごろ右眉毛上部に彫り入れた大きな“Melanie”(メラニー)の文字は、そんな恋人へのトリビュートタトゥーであった。

しかしこれまで女性との交際が長続きした試しのないアーロンだけに、世間は

「交際数か月で相手の名前のタトゥーを入れちゃう、しかも顔面に? それってどうなの?」

「別れちゃったらどうするつもりなんだろう?」

と彼の衝動的な行動を心配するのだった。

そしてこのほど、そんなファン達の心配が現実となってしまった。いや、ファンの心配を超える最悪のエンディングを迎えてしまったと言うべきか。なんとメラニーさんが、アーロンに暴力を振るったとして逮捕されたのである。

事件が起きたのは先月29日で、通報を受けたLASD(ロサンゼルス郡保安局)の保安官がランカスターのアーロン宅に駆けつけたという。激しい口論が暴力へとエスカレートしたようで、保安官が到着した際にはすでにアーロンの腕に引っ掻き傷が見られたため、メラニーさんがその場で逮捕されたとのことだ。アーロンはのちにTwitter上で「メラニーは浮気を繰り返していた」「あやうく息の根を止められるところだった」などと明かしたほか、彼女は「金銭目当てで近づいてきた」、そして関係がこのような形で終わりを迎えたことに「失望している」とツイートしている。

『Page Six』によれば、暴行罪で拘留されていたメラニーさんは翌30日に保釈されたとのことだが、5万ドル(約540万円)の保釈金が誰によって支払われたのかは明らかになっていない。

これまで臆することなくメラニーさんへの愛を語り、顔に彼女の名前入りタトゥーまで彫り入れるも、最後は相手からのDVで破局を迎えてしまったアーロン。この残念すぎる結末には、

「交際相手の名前タトゥーなんて、そう気安く入れるもんじゃない」

「絶対後悔することになるとは思ってたけど、まさか相手がDVで逮捕とは!」

「アーロンはやっぱり人を見る目がなさ過ぎ」

「交際相手といつも不幸な結末になるのには、アーロンにも問題がある証拠」

といった厳しいコメントが多数寄せられる羽目となってしまった。

ちなみにアーロンは2月、自身のInstagramに線路をバックにしたメラニーさんとのツーショットをアップし

「僕達のこの関係が“脱線”することは、決してないだろう。出発進行、シュッシュッ、ポッポ~」

と幸せいっぱいのメッセージを綴っていたばかり。その投稿はすでに削除されたが、まさかこのような“大脱線”が起ころうとは本人も予想していなかったことだろう。

画像は『Brandon Peach 2020年3月7日付Instagram「Aaron Carter Had so much fun hanging out with this guy and bringing him back his signature bright blonde」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ