“六冠王”タイムマシーン3号・関太、積み木を積んだ高さ日本一に挑む『それって!?実際どうなの課』

世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)。4月1日の放送は、関太(タイムマシーン3号)が新たな“日本一”に挑む。

SNSが発展するこの時代、巷にあふれる「気になるウマイ話」や真偽不明のネタ。忙しいし、やってもムダに終わったらイヤだし、ちょっと怖いから実際は手を出せない……そんなウワサの数々は“それって、実際どうなのか?”。そんな“気になる”ことを番組がカラダを張って、時間を使って調べていく。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉、レギュラーの森川に加え、この日は、大島美幸(森三中)、おばたのお兄さん、関が出演する。

おばたが、タダで拾ったものでどれだけ稼げるかに挑戦する人気企画では、これまでに、スマホで撮った写真、シーグラス、流木、苔、ヒスイ、砂鉄……さまざまなものを売り上げてきた。そして今回は蜂の巣! 蜂の巣は古くから「縁起物」として、泥棒除けのお守りや金運アップ、商売繁盛、子孫繁栄などの「パワーアイテム」にもなっている。実はこれがお金になり、小さいものでも900円と高値で売られている。蜂の巣駆除に挑むおばただが、直径30cmの巨大スズメバチの巣に悪戦苦闘。高さ10mの斜面で滑りやすい屋根の上という難易度MAXの中、蜂の巣を無事にゲットできるか!? そして、蜂の巣で一体いくら稼ぐことができるのか?

続いては、数々の賞レースで優勝を逃し続け「日本一」に憧れる男・関が日本一の称号を目指す。この1年で合計27個の日本一に挑戦してきた関は、現在6の日本一を保持する「日本一の六冠王」となった。今回、テレビでは誰も扱っていない前人未到の記録「積み木を積んだ高さ日本一」に挑む。過去最高記録はなんと3m20cm。細かいルールは特になし、とにかく積んで積んで積みまくる。順調なスタートを切るが、一瞬の油断が命取りに……六冠王の関も思わず涙!? 果たして日本一を取れるのか……?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ