【エンタがビタミン♪・番外編】志村けんさんに受けた恩、田代まさしの息子が述懐「父もどこかで泣いていると思います…」

日本を代表するコメディアンでタレントの志村けんさんが3月29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎を治療するため入院していた都内の病院で亡くなった。30日の朝からテレビ番組やネット上で訃報が流れ日本中が悲しみに包まれるなか、田代まさしの息子・田代タツヤが午後2時前にTwitterで「恩は語り尽くせない…何より笑顔が好きでした」と志村さんを偲んだ。ラッツ&スターで歌手として活躍した田代まさしは、志村さんにお笑いセンスを見出されて『志村けんのだいじょうぶだぁ』などでレギュラーを務めコメディアンとして成長するも、盗撮や覚せい剤による逮捕が続き挫折を繰り返した。

30日放送のワイドショー『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)で志村けんさんの訃報を伝えると、芸能リポーター・井上公造は志村さんの人柄について「自分を頼ってくる者は後輩や事務所が違うタレントでも垣根を作らずにしっかり面倒を見る人だった」との趣旨で振り返った。なかでも田代まさしが事件を何度起こしても「最後まで救いの手を差し伸べていた」ことが印象強かったという。

息子の田代タツヤはベーシストとして音楽活動を行っており、所属バンド・撃鉄は活動休止中だが、バンド・Magic, Drums & Loveに「FUNK O’ney “The Diamond”」名義で参加している。

彼は志村さんの訃報を受けて、Twitterで「父がタレントとしてやっていける様に 一緒にやらないかと声を掛けてくれたおかげで 何不自由なく家族が暮らしていく事が出来ました」「恩は語り尽くせない…何より笑顔が好きでした」「本当に辛い。父もどこかで泣いていると思います…」と胸のうちをつぶやき、「安らかに眠ってください。志村さんありがとうございました…泣」と追悼した。

田代タツヤのツイートには『志村けんのだいじょうぶだぁ』をスタジオ観覧したというフォロワーから、志村けんさんと田代まさしの掛け合いに和んだことを思い出して「同じ空間を過ごせた記憶の宝物に感謝しています」というコメントをはじめ、「志村さんもお父さんも大好きです。お父様はどうかご無事に帰ってきて元気なお姿でまた笑わせていただければと思います」と願う声も寄せられた。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ