高嶋ちさ子、世間の自粛ムードで考え方に変化

※画像は、『ザワつく!金曜日』公式サイトのスクリーンショット

 

3月27日放送の『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)では、現在世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルスによる自粛ムードの広がりに、高嶋ちさ子も思わぬ被害にあっていることを告白。さらに、考え方まで変わってきていることを暴露し、一同思わず感心する展開となった。

 

高嶋「稼がないっていうのは立場が弱いな、と」

 

番組序盤コメンテーターの石原良純が、現在感染が広がっている新型コロナウイルス、それに伴う自粛ムードについて「今、いろいろ大変じゃない。だから楽しくやんなきゃいけなくて。3月と言えばなんですか?」と皆に聞くが、長嶋一茂は「花見が自粛。プロ野球延期。春のセンバツ高校野球中止」と暗い話題ばかり持ち出し、石原も頭を抱える。

 

ここで高嶋が「私が皆さんの中で一番ヒマになったと思う。3月のコンサート十何本、全部中止になったから。3月の収録これ(『ザワつく!金曜日』)だけだから」と皆をビックリさせる発言。さらに「ウチの主人はサラリーマンだから、こんなんなっても毎月ちゃんとお給料出るじゃないですか。だけど私は1円も入らないんです。すごい身に染みてますね。だから、稼がないで我が家にいるのはこんなに立場が弱いんだっていうのを自覚しました」と明かし、皆「ほー」というため息を漏らす。しかし長嶋は「じゃあ、今までどんだけ強く言ってたんだよ」とあきれていたが「ちさ子ちゃん変わったな、つまんないなぁ。ちさ子ちゃんの毒舌が楽しいですっていうハガキいっぱい来てるよ」と本音も漏らしていた。

 

しかし高嶋は「こんだけ長引くとは思ってなかったから、3月にコンサートあると思って、2月にあんだけ(お金を)使っちゃったのよ。私、前のめりだから。次の次のコンサートでモノを買うから。だから反省したの」と話す。

 

長嶋からは「稼いでから使う、でいいじゃないですか。使ってから稼ぐは良くないと思う」と反論され、高嶋はムッツリ顔になり「いつ死ぬか分からないじゃないですか」と返して大爆笑。石原は思わず「男前だな~」と感心していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ