TVアニメ『アースグランナー』ED主題歌のダンス振り付けは、出産後初仕事のキンタロー。!

2020年4月5日(日)より、ダイキャスト製ミニカー「トミカ」の50周年記念作品、TVアニメ『トミカ絆合体 アースグランナー』が放送される。このたび、本作のエンディング主題歌「ダ・ヴィンチ:ポワロ」の『僕らがヒーロー』(作詞・作曲・編曲 島崎貴光)の振付を、キンタロー。が担当したことが発表された。

社交ダンスで日本代表にも選出されたキンタロー。が、今年1月の出産後初の仕事として、子どもたちに楽しんでもらえるようにアースグランナーダンス(通称:EGダンス)を振り付け! キンタロー。本人より、コメントも到着している。

【キンタロー。(『EGダンス』振り付け)コメント】
キンタロー。
「アースグランナーのダンス振り付けを担当させて頂きましたキンタロー。です。

この任務は大変光栄に感じております。お話を頂いた時も是非やらせて欲しい! とすぐにお願いしました。
ちびキンちゃんが産まれた直後から、どんな振り付けにしようか考えておりました。

ダンスのポイントはなんと言っても誰もが真似をしやすい難しくない振り付けにした所です。

私も、ものまねが大好きなので、みんなが今度は私の振り付けを真似してくれるのが夢であります。
全部ものまねしやすい慣れ親しみやすいダンス振り付けにしたので、是非全部覚えて良い子のみんなには真似っ子して欲しいです!

みんなー! 綺麗なお姉さんキンタロー。とイベントで一緒に踊ろうね!!」

また、キンタロー。本人が登場するダンス振り付けのスペシャル映像『EGダンス』は、YouTubeタカラトミーチャンネルで2020年3月29日(日)午前9時30分より配信される。

◇YouTubeタカラトミーチャンネル

(C)TOMY/アースグランナー・テレビ大阪

【ダ・ヴィンチ:ポワロ プロフィール】
ダ・ヴィンチ:ポワロ
エンディング主題歌『僕らがヒーロー』を歌唱したのは、数々のアニメ主題歌やゲーム主題歌を歌唱してきたパワーVocalist「凛」と「原田謙太」による新ユニット「ダ・ヴィンチ:ポワロ」。近年の音楽シーンでは珍しい「男女Vocalistユニット」であり、プロデュースは、多くのアニメ・アイドル・ドラマなどを担当する島崎貴光が手掛けている

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ