芸能界イチの小顔・乃木坂46齋藤飛鳥の告白でプロ意識を称賛する声が殺到

アサ芸プラス

2020/3/29 17:58


 まさかの告白にはファンもビックリ!?

乃木坂46の齋藤飛鳥が3月22日放送のバラエティ番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演。同グループイチの小顔と知られていながらも、それを維持する絶え間ない努力をしていたことが明らかとなった。

この日の番組でも齋藤について、”芸能界イチの小顔”として紹介し、番組MCのくりぃむしちゅー・上田晋也も「破格のスケールで小さい」と、その顔の小ささに驚いていた。

努力でどうにかなるレベルの小ささでもないため、その小顔は生まれ持ったものだと判断した上田は「小顔のマッサージとかエステみたいなのはやったことないでしょ?」と、齋藤に質問。

ただ、斎藤は「めっちゃ行きます。めっちゃ行きます」と、小顔をキープするために小顔エステやマッサージに行っていることを告白。

すでにものすごく小さいのに小顔マッサージを通う理由については「だって、みんなが小顔って言うから、なんか小顔でいなきゃいけないのかなって…」と、小顔キャラであり続けなければいけないことに使命感を感じていることからの行動であると説明している。

これを聞き、上田は「もういいって、いいって!それ以上、小さくなったら親指みたいになっちゃうよ」とツッコミを入れていたが、ファンからも「これ以上、小さくなってどうすんの?」「プロ意識高すぎだろ! さすがエース」「こりゃまだまだキレイになるぞ」と、その美意識の高さに称賛の声が上がっている。

「今でこそエースとして定着している齋藤ですが、意外にも乃木坂加入当初はなかなか選抜メンバーに入ることができず、主力として頭角を現し始めたのは約3年が経ってからでした。それにもともとはややネガティブ思考なところもある齋藤ですから、小顔だからという理由だけでもてはやされるワケではないと考えているのでしょう。グループの大黒柱といっても過言ではない白石麻衣の卒業も決まっていますから、白石が抜けた途端にビジュアルレベルが下がったと言われてしまうかもしれないという風にプレッシャーも感じているかもしれませんね。それでも、エースとしての自覚も高まっているようですし、齋藤がしっかりと育ってくれたことで、白石も安心してグループを旅立つことができるでしょうね」(アイドル誌ライター)

ただ、齋藤の横に並んだことでどうしても顔が大きく見えてしまうと困惑するメンバーも続出しそうなだけに、他のメンバーからすれば、小顔に磨きをかけるのもほどほどにしてほしいところか!?

(石田安竹)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ