井ノ原快彦「新たな『特捜9』を楽しんで」 おなじみメンバーのチームワークに自信

クランクイン!

 V6の井ノ原快彦が主演を務め、4月8日スタートするドラマ『特捜9 season3』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)の取材会が開催され、おなじみのレギュラーメンバーと本シーズンから加入する中村梅雀が出席。井ノ原は「これまでとはまた違う『特捜9』を楽しんで」と意気込みを語った。

本シリーズは、リーダーの浅輪直樹(井ノ原)を中心に、警視庁捜査一課特別捜査班の<直樹×新藤亮(山田裕貴)><小宮山志保(羽田美智子)×村瀬健吾(津田寛治)><青柳靖(吹越満)×矢沢英明(田口浩正)>というキャラクターも考え方もバラバラなコンビが、衝突しながらも“真実”というひとつの目標を目指して捜査にあたる様を描いていく。そして本シーズンから新たに出演する梅雀は、警視庁総務部広報課に所属する謎の男・国木田誠二を演じる。

井ノ原は「梅雀さんが入ってきてくださって、やっぱり空気が変わったんです。それがしっかりとお芝居にも出ているので、また違う『特捜9』を楽しんでいただけると思います」と自信をのぞかせ、「梅雀さんがこの現場のことを“ダレてない”と言ってくださいましたが、きっとどこかで渡瀬(恒彦)さんが見ているような気がしているのかもしれません。以前、渡瀬さんが『みんなの仲がよいのはすごくいいこと。でもゲストが来てくれたときはちゃんと気にかけてね』と、よく言ってくださっていたので、それが染みついているのだと思います。これからも帯を締め直して頑張っていこうと、改めて思いました」とコメントした。

一方新加入の梅雀は「実に見事なチームワーク! みんなで一斉にしゃべりながら台本を改良していく―その様を見ていて、“すごいチームだな”と感心しております」とメンバーの絆を絶賛し、「そんなメンバーを凍りつかせる役で登場したのが私です。回を重ねていくうちにだんだん謎が出てきますので、ご期待ください!」とアピールした。

ドラマ『特捜9 season3』はテレビ朝日系にて4月8日より毎週水曜21時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ