血液型AB型恋愛傾向

カナウ


血液型AB型恋愛傾向

みなさんは、AB型にどんなイメージを持っていますか。
変わり者?天才肌?
もし、好きになったら人がAB型だったら……。
どんな風に付き合ったらいいのか、わからなくて考えてしまう女性もいるかもしれませんね。
そこで今回は、血液型AB型の恋愛傾向について考えてみました。

目次

小悪魔男子に映ることが多い


よくAB型は、感性でものを考える自由人といわれます。
昨日までは「〇〇」と言っていたのに、今日になったら「〇〇」と言っている、考え方がころころと変わることが珍しくないようです。
自分の考えに執着がないところが自由人であり、感性に優れた頭のいいタイプも多いとか。
ただ問題は、彼らの気まぐれさ加減に、女性側が振り回されてしまわないか、どうかです。
なかには小悪魔男子に映ってしまい、尽くすことに母性を感じつつも、自分には手に負えないと思ってしまうこともあるでしょう。
彼らのようなタイプは、女性からすると最も付き合いづらい相手といえるかもしれません。
特に「男性には頼りたい」「リードされたい」と考えるタイプの女性には、なおさらでしょう。
ですが元々包容力があり、しっかりと自立心のある女性のほうが、彼らのようなタイプには合うかもしれません。
彼らと付き合うからには、少し離れたところで見守れるタイプ。
彼らが多少遊んでいようが、自分のもとに帰ってきてくれればそれでよしと思えるタイプが、相性がいいと思います。

猫のように気まぐれ


猫のように気まぐれに映る彼らですが、中身は意外と繊細だったりします。
よくAB型には、芸術肌の人が多いといいます。
それはAB型がシャイで繊細であることと、決して関係がゼロではないでしょう。
自分を客観視し、自分の考えを一から見直せるAB型だからこそ、芸術肌向きといえます。
かたや、他人に対して距離を置くことが多く、束縛を嫌うのもAB型の特徴のひとつです。
人並みに恋愛はしますが、ベタベタとした付き合いは好まない傾向も。
昨日まで「好きだ」と言っていたのに、次の日になったら素っ気ない態度を取ることもあるでしょう。
接し方がころころと変わるのも、彼らがシャイで繊細で、束縛嫌いなところがあるからです。扱いが難しいタイプなので、自分が「こうしたい!」とハッキリと言えるタイプでないと、恋愛をするのは難しいかもしれません。
彼らをうまく手なずけるには、彼らが安心して帰ってこられるような場所を作ってあげることです。
猫もここが自分の家だとわかれば、放っておいても勝手に帰ってきます。まずはその場所を提供してあげることが、彼らを手なずける近道になるでしょう。

おわりに


相性もありますが、基本的には彼らを自由にしてあげること、彼らが居心地のいい環境を作ってあげることです。
かといって、自分ばかり尽くしていては疲れてしまいますよね。
自分が「こうしたいな」と思うことは、ハッキリと伝え、話し合える関係づくりを作ることです。
焦らず、じっくりと付き合うことで、自然と関係は出来上がっていきます。
ぜひ前向きに、楽しみながら恋をしてみてくださいね。
(柚木深つばさ/ライター)
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)

当記事はカナウの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ