渡辺直美、普段メイク公開に反響 「落ちないメイク最強!」

fumumu

2020/3/28 15:00


渡辺直美

15日、インスタライブ中に突然ユーチューブの開設を報告したお笑いタレントの渡辺直美さん。開始数分は同時配信をしていたことで、人々を驚かせました。

27日には、スキンケアから普段メイク動画を配信し、反響が寄せられています。

■リキッドとパウダーのダブル使い


すっぴんからはじめ、「どんだけメイク直しをしないで1日しないか」を目標にしていると話しながら、化粧水を押し込みながらしっかりと水分を入れ込んでいきます。頬のあたりは上に持ち上げながら化粧水を押し込み、たるみ回避。

逆に、乳液はフェイスラインのみ。メイクが落ちやすい頬や鼻下、鼻には塗らないのが直美流。

ファンデーションは『江原道』のリキッドファンデ「マイファンスィーアクアファンデーション」を使用。この時もメイク崩れを防ぐため頬、鼻下と鼻は避けて手でヌリヌリ。

続けて、ノータッチだった頬、鼻下、鼻には『セフィーヌ』のパウダーファンデ「シルクウェットパウダー」を使用。このファンでの時は『シャロン』の天然ファンデーション用スポンジがマストだとか。「一発トントンってやっただけで…すごくない?」と、カメラにドヤ顔。


関連記事:顔相鑑定㉜:渡辺直美、人気の秘密は最強パワフルな「大福ほっぺ」と肌の色艶

■チップでグラデーション


続いてアイメイク。以前は指でそのまま色を乗せていたそうですが、毎回汚れを落とすのが面倒だったため、そのほかのアイテムも使用してみたそう。ブラシだと粉飛びが気になり、現在は『資生堂』のチップに落ち着いたそう。

最初に使用するアイシャドウは『FENTY BEAUTY』。「何個目? というくらい本当に万能!」と大絶賛。ニューヨークに行った際はまとめ買いしているほど。ラメの入ったコチラをアイホールと涙袋にオン。

その後に使用するカラーアイシャドウも『FENTY BEAUTY』の4番。6色入ったパレットの4色を使ってグラデーションを作っていきます。

アイラインは、寝かせて置いていくように細く描いていき、目尻は跳ね上げライン。そのご、ビューラー、マスカラ、つけまつ毛の順番で見慣れた直美さんの目が完成。

■最後にリップで完成!


眉も、渡辺さんは剃って変形するのが怖いのであまり変えておらず、左右で太さや山の高さが違うため、対称にするためにかなり苦戦したそう。

柔らかい雰囲気を出すために『INTEGRATE』の「ビューティートリックアイブロー」(BR731)を使用。

左右ともに下をしっかり書き上げ、細い方の眉は左右見ながら太めに。位置を決めたところで、上を作り上げ、少しずつ山を作っていきます。眉尻はペンシルで書き足していくようです。そして『KISS ME』(03)に眉マスカラでトーンアップしつつ、なじませて完成。

続いて『Dior』の「バックステージフェイスグロウパレット」(001)でハイライト。ラメ入りのピンクパウダーを頬骨に合わせて乗せていきます。その後ツヤのある『NARS』の「ブラッシュ」(4068)で頬の中心にチークをオン。

リップは『Shu Uemura』の「ルージュアンリミテッドアンプリファイドマット」(AMCR365)を直塗り。発色がよく、長時間のロケでも色持ちがいいそうでお気に入り。

左右対称にこだわる渡辺さんは、鼻の穴の大きさや歯並びも違うため、ちょっと歪めた笑い方でごまかす余談をしてメイク配信を締めました。

■「メイク動画やばー!!」「最強」


雑談を多く盛り込んだメイク配信は、「どんどん顔に華やかさが生まれる過程を見るのってホント面白い」「渡辺直美のメイク動画やばー!! 明日真似しようかなwww」「落ちないメイク最強!」と感化された人が多い様子。

ステージやロケが多いため、試行錯誤して発見した直美さんのメイクテクは参考にしたいですね!

・合わせて読みたい→顔相鑑定⑮:黒木華が『凪のお暇』にハマった理由とナチュラル美人のススメ

(文/fumumu編集部・Amy)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ