お洒落度UP!スキンカラー×ブラックでアートするネイルデザイン

Itnail

上品で清楚な雰囲気のスキンカラーと、主張が強くカジュアル色の強いブラック。これら2色を使うと、お洒落度高めで大人カッコいいネイルデザインが完成します。スキンカラー×ブラックでアートするネイルにはどんなデザインバリエーションがあるのか、さっそく見ていきましょう!

■ スキンカラーのシンプルネイルにブラックをプラス

Nail Anvie (滋賀)



via itnail.jp

上品なスキンカラーと、シックで大人っぽいブラック。対極にあるようにも思えるスキンカラーとブラックですが、実はこれら2つのカラーは、とても相性がいいのです。

スキンカラー×ブラックでアートするネイルにはたくさんのバリエーションがありますが、例えば、スキンカラーを使ってベースカラーを塗ったシンプルネイルの一部に、ブラックを使うデザインはいかがでしょうか。

爪先1ミリ弱をブラックでカラーリングしてスキニーフレンチデザインに仕上げたり、スキンカラーネイルを基本に、その周りをブラックの細ラインで囲んだり。色々なデザインバリエーションが考えられますよね。

pecoru (大阪)

pecoru (大阪)



via itnail.jp

■ スキンカラーネイル×ブラックラインアート

 (614726)



スキンカラー×ブラックでアートするネイルは、スキンカラーベースのネイルにブラックラインをアートして作るのもおすすめです。

スキンカラーネイルの中央に細めのブラックラインを1本描いたり、やや太めのV字ラインを描いてカジュアルに仕上げたり。細いラインを数本、交差させるようにアートしたり、ブラックの曲線をアートしたり、といったデザインもおすすめですよ♪

描いたブラックラインに沿わせるように丸ホロやストーンを配置したり、ポイントで銀箔やシルバーラメをプラスしたり、といったアレンジも素敵ですね。

I nails (アイネイルズ)

I nails (アイネイルズ)



via itnail.jp

■ スキンカラー×ブラックのドットネイルも素敵!

RAY NAIL 原島店

RAY NAIL 原島店



via itnail.jp

スキンカラー×ブラックネイルは、ドット柄をアートして作るのもおすすめです。

クリアベースの爪にスキンカラーとブラックのBIGドットを描いたり、スキンカラーベースのネイルにブラックのピンドット柄を描いたり。アートするドットの大きさや数、スキンカラーとブラックの使い方によって、デザインバリエーションは無限に広がります。

描いたドットの周りをゴールドラメや極細のワイヤーで囲んだり、ドット柄の一部をブラックのストーンで埋めつくしたり、といったアレンジを加えてみるのもいいですよね。

Itnail編集部

当記事はItnailの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ